見前館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

見前館(みるまえだて)は、岩手県盛岡市西見前にあった日本の城。別称 見舞館

東を北上川が南流し、平坦な地に東西150m南北250mの規模で館跡[1]が所在した。付近に堀田、大館、大手先、搦手などの地名が残っているが、現在、畑や水田になっていて館の遺構は全く見られない。

沿革[編集]

陸奥国志和郡西見前村に所在し、古くは見舞とかいて「みるまえ」と訓んだという。(都南村史

築城時期は不明であるが、郡主斯波氏の家臣見前氏の本拠地で、元亀・天正にはたびたび南部勢と戦火を交え、斯波氏の前線基地であったと伝えられている。 天正16年(1588年)、斯波氏滅亡のころには、南部方の日戸氏が見前の館主となっている。

天正20年(1592年)の諸城破却書上には、「見舞 平城 破 信直抱 代官 日戸 中務」とあり、破却された

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 3 岩手県』 角川書店、1985年3月8日ISBN 4-04-001030-2
  • (有)平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系 第3巻 岩手県の地名』 平凡社、1990年7月13日ISBN 4-582-91022-X
  • 児玉 幸阿・坪井 清足 『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』 新人物往来社、1980年7月15日

関連項目[編集]