覇王・愛人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「覇王♥愛人」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

覇王♥愛人(はおう・あいれん)とは小学館漫画雑誌少女コミック」に連載されていた漫画家・新條まゆの作品。作者の他の作品同様、過激な性描写で知られる。2003年にCDドラマ化されている。

連載期間は2002年第5号~2004年第8号。単行本は少コミフラワーコミックスから全9巻。英語版、ドイツ語版、スペイン語版が発売されている。

あらすじ[編集]

父親が死に、病気がちな母と双子の弟と暮らす女子高生・秋野来実。 バイトの帰り、来実はまったく知らない男に突然キスをされた。その男は追われているらしく、腕には大きな傷があった。 放っておけず、来実はその男を自分の家に連れ帰って、傷の手当てをした。男に淡い恋心を抱いた来実だが、黒龍と名乗る男は風のように去っていった。

数日後、校門で黒服の男達に拉致され、薬で意識を失った来実は、気が付くと黒龍の自家用飛行機の中にいた。傍に居たのは黒龍。彼は、香港マフィアのボスだった。香港に着いた来実と黒龍は、マフィア同士の抗争の渦に巻き込まれていく。

登場人物[編集]

秋野来実(あきの くるみ)
本作の主人公。高校2年生。4年前に父親を亡くし、病気がちな母親と双子の弟を養う為に、バイトをこなす少女。バイト帰りに組織に追われていた黒龍を助けた事から、拉致され香港で彼と暮らす事になる。
黒龍(ハクロン)
敵対する組織に追われていた所を来実に助けられた男性。実は、香港マフィア最大の組織『龍王社』のボス。組織に追われて、傷を負っていた所を来実に助けられた事で彼女に惚れこむ。
世界一腕の立つ殺し屋
黒龍を暗殺するために雇われた殺し屋。使用銃器はXM177E2。ターゲット以外の殺しをよしとしないなど潔い面も持つが、そこを黒龍に利用されて捕まり拷問の末に殺害された。

単行本[編集]

小説[編集]

黒龍の少年時代を描く。来実と黒龍との悲劇的な関係が描かれている。

CDドラマ[編集]

全3巻。第3巻はオリジナルストーリーで、原作とはラストが異なる。

少コミねっとSHOPで入手可能。

キャスト[編集]

余談[編集]

「拳銃、小銃の構え方がおかしい」や「黒龍のカンフーは構え・動き共に変だ」という指摘がなされたことがあった。

特に前者は、作中に登場する「世界一腕の立つ殺し屋」について、「狙撃用のライフルが明らかにアサルトライフル[1]だ」という指摘がされた。後に作者の新條自身がこの指摘をネタにしており、実際にモデルガンのスナイパーライフルを購入し「でかくて肩に担がないと持てない」と話したり、その人物がLINEスタンプに登場する予定があることが2014年に発表され話題になるなどしている。

脚注[編集]

  1. ^ M16を短くしたアサルトカービン、XM177E2。恐らくゴルゴ13を参考にしたものと思われる。その他、光学照準器を取り付けていないのにそれらしいレティクルが見える、銃をバズーカのように肩に担いでいる、人物に対し明らかに大きさがおかしい等、描写に独特の創意が見られる。