要害山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
要害山 (山梨県)から転送)
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:各種遺構の画像提供をお願いします。2007年6月
logo
要害山城
山梨県
麓から望む要害山(2010年12月撮影)
麓から望む要害山(2010年12月撮影)
別名 要害城、積翠山城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 武田信虎
築城年 永正17年(1520年
主な改修者 武田勝頼加藤光泰
主な城主 武田氏徳川氏加藤光泰
廃城年 慶長5年(1600年
遺構 堀切、石垣、虎口、土塁、井戸、郭、土橋
指定文化財 国の史跡
位置 北緯35度42分10.93秒
東経138度35分53.61秒
座標: 北緯35度42分10.93秒 東経138度35分53.61秒

要害山城(ようがいやまじょう)は、山梨県甲府市上積翠寺町(かみせきすいじまち)にあった日本の城躑躅ヶ崎館(武田氏館跡)の詰城として築かれた山城である。平成3年(1991年)、国の史跡に指定された。要害城、積翠山城とも呼ばれる。

立地[編集]

所在する甲府市上積翠寺町は甲府盆地周縁の中央北部、相川扇状地の扇頂部に位置する。標高770メートルの丸山と呼ばれる要害山中腹の傾斜地を中心に築かれている。

沿革[編集]

高白斎記』に拠れば、築城は武田信虎時代の永正17年(1520年)6月であるという。武田氏は前年に居館を石和の川田館甲府市川田町)から躑躅ヶ崎館(甲府市古府中町)へ移しており、駒井政武の領地であった積翠寺郷の丸山が城として取り立てられ、館の詰城として狼煙台が築かれたという。

同年には駿河の今川氏勢の武将福島正成駿州往還(河内路)を甲斐へ侵攻し甲府へ迫っており、信虎は正室大井夫人を避難させ福島勢を駆逐しているが、夫人はその最中に城中で嫡男(後の武田晴信)を出産したという。

勝頼期の天正4年(1576年)6月1日付武田家朱印状に拠れば、武田氏は要害城から西方に位置する帯那郷(甲府市上帯那町・下帯那町)に対して要害城の普請への召し出しを命じており、帯那郷への河除(堤防普請)と他の諸普請の一切を免除している。『甲陽軍鑑』『甲斐国志』によれば、武田氏時代の城番は駒井次郎左衛門・武藤山城・駒井昌直(右京亮)が務めたという[1]

武田氏滅亡後、徳川氏の支配期を経て豊臣系大名が入城し、加藤光泰により修築が行われた。文禄年間の修築を示す遺構として穴太積みの石垣が見られる[2]

『甲斐国志』によれば、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後に甲斐は再び徳川氏が領し、廃城となったという[3]

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(128番)に選定された

熊城[編集]

要害城の支城として熊城がある[4]。熊城は標高730メートル付近に立地し、一直線上の小規模な郭と堀切竪堀石垣が遺構として残されている[5]。熊城に至る案内板は一切無い為、訪城には注意が必要である。

史跡指定[編集]

主郭に至る通路枡形曲輪堀切、見張台等の遺構のほか、要所をかためる石垣もほぼ完全に遺存しており、戦国大名武田氏の築いた城郭として、また、中世豪族の居住形態を示すものとして極めて重要であるとして、1991年3月30日、「要害山(ようがいさん)」の名称で国の史跡に指定されたが、主郭以外の整備は行き届いておらず、郭は藪化している所も多い。登上口に説明版が有るが、それ以外、主郭などには解説、説明版のたぐいは無い。(土塁、門跡、等のサインは有る。)城に至るまでの案内板は無い、また観光案内所にも要害山城としてのパンフレットは無い。

アクセス[編集]

甲府駅からバスで 積翠寺下バス停まで約20分弱、そこから要害温泉と要害山城登山口まで、徒歩約15分、登山口から主郭まで約30~40分。(バスの本数は1日3本と極めて少ないので、要注意)

もしくは甲府駅周辺でレンタサイクルで登山口まで約30~40分程度。

その他 冬場を除き熊出没要注意。

脚注[編集]

  1. ^ 『山梨県の地名』、p.348
  2. ^ 『山梨県の地名』、p.348
  3. ^ 『山梨県の地名』、p.348
  4. ^ 『山梨県の地名』、p.348
  5. ^ 『山梨県の地名』、p.348

関連項目[編集]

外部リンク[編集]