西願寺 (静岡県長泉町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西願寺
西願寺本堂
西願寺本堂
所在地 静岡県駿東郡長泉町下長窪386
位置 北緯35度08分38.4秒
東経138度53分14.1秒
座標: 北緯35度08分38.4秒 東経138度53分14.1秒
山号 長窪山
宗派 禅宗黄檗宗
本尊 聖観世音菩薩
創建年 貞享3年(1686年
開山 鉄牛道機
開基 香州
文化財 八幡神像(長泉町指定文化財)
公式HP 西願寺
法人番号 2080105001999 ウィキデータを編集
西願寺 (静岡県長泉町)の位置(静岡県内)
西願寺 (静岡県長泉町)
テンプレートを表示

西願寺(さいがんじ)は、静岡県駿東郡長泉町にある黄檗宗の寺院。山号は長窪山(ながくぼさん)。

概要[編集]

沿革[編集]

一切経」の木版を苦作された鉄眼道光禅師の兄弟子で、治山治水に功績を残された鉄牛道機禅師を開山とする。

貞享3年(1686年)12月、鉄牛禅師の法嗣で、開基である香州禅師が、愛鷹山麓の台地にあって長久保城跡と百沢渓谷を距てる場所に当寺を創建した。

以来7代まで師資継承したが、天保8年以来無住になる。

嘉永2年(1849年)9月、本山管長の特命により有隣弘徳禅師が晋山して8代となり、庫裏兼本堂、鎮守八幡社を再建中興する。

第二次世界大戦後農地解放により寺録五町歩余を全面解放。

1952年、現存する本堂を木造二層屋根造りで建立。

2016年に、位牌堂を建立。

歴代住持[編集]

  1. 鉄牛道機禅師(諡号「大慈普照禅師」) ― 開山
  2. 香州硬 ― 開基
  3. 雪光堂
  4. 翠岩元抽
  5. 斯鈍浄希
  6. 祝峯衍松
  7. 玄宗如要
  8. 有隣弘徳 ― 中興
  9. 石床仁雲
  10. 省吾廣拙
  11. 承範智演
  12. 章道明英

伽藍[編集]

位牌堂

鎮守八幡社

文化財[編集]

八幡神像

八幡神像(長泉町指定有形文化財)。長久保城の守護像であったとされているが、廃城後、西願寺を創建した際同時にまつられることになった。製作年製作者不明。

行事[編集]

普茶料理
普茶料理
普茶料理

普茶料理は、隠元禅師が来日した際にもたらした精進料理。葛と植物油を多く使った濃厚な味で、卓を囲み大皿に乗った料理を各人が取り分けるのが特徴である。

春と秋の一か月間、普茶料理を開催している。

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 『黄檗宗鑑録』
  • 『長泉町史』
  • 『西願寺遺跡 : 一般国道246号裾野バイパス埋蔵文化財発掘調査概報』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]