西隆寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西隆寺(さいりゅうじ)は、奈良時代平城京に造営された尼寺

概要[編集]

  • 称徳天皇の発願によって神護景雲元年(766年)に造寺司(造西隆寺司)が設置され、西大寺そばの右京一条二坊の地4町に建立された。
    • 創建当時は官寺として他の諸大寺と同様の扱いを受けた。桓武天皇封戸を施入するなど厚い保護を受けていたが、次第に衰退し、元慶4年(880年)には西大寺の管下に入った。
    • 鎌倉時代には廃寺となった。
  • 昭和46年(1971年)に発掘調査が実施され、金堂や塔などの跡が確認された。
    • 南大門の北に楼門型中門、金堂、講堂が一直線に並び、南大門北東に三重塔が建ちさらに廻廊が左右に廻り講堂に取り付く東寺に似た伽藍配置であったようだ。寺域は東西、南北いずれも約250mほどを占める。

参考文献[編集]

関連項目[編集]