西院春日神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西院春日神社
西院春日大社 本殿
本殿
所在地 京都市右京区西院春日町61
位置 北緯35度00分18秒
東経135度43分46秒
座標: 北緯35度00分18秒 東経135度43分46秒
主祭神 建御賀豆智命
伊波比主命
天児屋根命
比売神
社格 村社
創建 天長10年(833年)
例祭 10月第2日曜(春日祭)
テンプレートを表示

西院春日神社(さいいんかすがじんじゃ)は、京都市右京区にある神社である。旧社格は村社

春日神建御賀豆智命伊波比主命天児屋根命比売神)を祀る。

歴史[ソースを編集]

淳和天皇が退位に伴い淳和院離宮(別名西院・この付近の地名である西院の由来となった)へ居を移すに際し、天長10年(833年)にその守護社として創建された。付近では当時の淳和院の遺構が発掘されており、規模の大きな離宮であったことが判明している。

境内[ソースを編集]

境内社である還来神社(もどろきじんじゃ)は、還来大神として知られており、旅行の安全にご利益があるとされる。また先の大戦中には、出征兵士の無事帰還を願う家族が多数訪れたという。

境内には、日清戦争以降の戦争における西院地区の戦没者を祀る招魂碑が建てられている。元は明治34年(1901年)に京福西院駅付近に建てられたものが昭和3年(1928年)に境内へ移設され、後に碑の石を改築したものである。

春日祭[ソースを編集]

10月第2日曜に行われる祭で、東組、西組2基(それぞれ約2トン)の神輿や氏子町内からの5基の剣鉾、鼓笛隊などの盛大な巡行が行なわれる。

外部リンク[ソースを編集]