西貝塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 埼玉県 > 上尾市 > 西貝塚
西貝塚
西貝塚の位置(埼玉県内)
西貝塚
西貝塚
西貝塚の位置
北緯35度56分17.02秒 東経139度33分11.05秒 / 北緯35.9380611度 東経139.5530694度 / 35.9380611; 139.5530694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Ageo, Saitama.svg 上尾市
人口
2019年(平成31年)1月1日現在)[1]
 • 合計 96人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
362-0057[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮
座標の場所は埼玉県総合リハビリテーションセンター

西貝塚(にしかいづか)は、埼玉県上尾市大字郵便番号は362-0057[2]

地理[編集]

埼玉県東部、上尾南西部の大宮台地[4][5]に位置する。 西側は堤防を挟み、荒川の河川区域である沖積平野に掛かる。北側の平方との境を中堀川(上尾中堀川)が流れる。 北側から東側にかけて上野、南側をさいたま市西区峰岸や同宝来、西側から北側にかけて平方と接する。東側は平方領領家の飛地と斜向かいに接し、南側では指扇領辻とも僅かに接する。地区の南側、堤防沿いの堤外地に西貝塚の飛地が存在する。全域が市街化調整区域[6]で、地区内は清掃工場などの公共施設が多く立地するが水田や耕地も見られる。1880年代は水田や耕地が6割強と大半を占め、宅地は1割弱であった[7]

縄文期および弥生期の住居跡遺跡である薬師耕地前前遺跡や、稲荷山遺跡が地内に所在する[8]

歴史[編集]

もとは江戸期より存在した武蔵国足立郡平方領に属する貝塚村、古くは高鼻荘に属する貝塚村であった[9]。地名は文字通り縄文時代の居住址である貝塚が地内に存在したことによると云われている[9]。峰岸村・辻村・宝来村・平方村の間や、指扇領の村々の入会地がある場所に飛地を領していた[9]

存在していた小字[編集]

  • 薬師前[7][15][16]
  • 貝塚中[17]
  • 稲荷台
  • 天沼
  • 堤外(つつみそと)

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]。上尾市の町丁・大字別の人口としては最も少ない。

大字 世帯数 人口
西貝塚 41世帯 96人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[18]

大字 番地 小学校 中学校
西貝塚 全域 上尾市立平方小学校 上尾市立太平中学校

交通[編集]

地区内に鉄道は敷設されていない。最寄り駅は川越線指扇駅である。

道路[編集]

バス[編集]

上尾駅西口のほか、大宮駅西口や指扇駅・西大宮駅北口方面への路線バスが多数運行されている。

東武バスウエスト上尾営業所東武バスウエスト大宮営業事務所

地区内は「リハビリセンター」、「リハビリセンター入口」、「貝塚」、「わくわくランド」[19]停留所が設置されている[20]

上尾市コミュニティバス「ぐるっとくん[21]
  • 平方丸山公園線
  • 平方小敷谷循環

地区内は「リハビリセンター」、「リハビリセンター入口」、「わくわくプラザ」停留所が設置されている。

施設[編集]

貝塚村だった頃は薬師堂も所在した[9]

  • 埼玉県総合リハビリテーションセンター
  • 西貝塚環境センター管理事務所 - 西貝塚環境センターはさいたま市西区宝来に所在
  • 上尾市健康プラザわくわくランド
  • 西貝塚公民館
  • 稲荷社
  • 愛宕社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁大字別人口表”. 上尾市 (2019年2月4日). 2019年4月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年4月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年4月27日閲覧。
  4. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』653頁。
  5. ^ 『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』341-347頁。
  6. ^ 都市計画図がご覧になれます。 - 上尾市(2014年9月5日).2019年6月10日閲覧。
  7. ^ a b c d 『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』329-334頁。
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』927頁。
  9. ^ a b c d e f g 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』218頁。
  10. ^ 『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』117-123頁。
  11. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1421頁。
  12. ^ a b c 広報あげお 2018年7月号(No.1012) (PDF)”. 上尾市役所. pp. 1-9 (2018年7月). 2018年10月29日閲覧。
  13. ^ リハビリテーションセンター概要 - 埼玉県総合リハビリテーションセンター. 2019年4月27日閲覧。
  14. ^ Ⅲ.ケーススタディ実態調査 (PDF) p. 13-16 - 一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会. 2019年4月27日閲覧。
  15. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1389頁。
  16. ^ 武蔵國郡村誌』では塚下・向原・向山、『新編武蔵風土記稿』では向ひ原・向ひ山と記されている
  17. ^ 『武蔵國郡村誌』および『新編武蔵風土記稿』では中原と記されている
  18. ^ 市内小・中学校通学区一覧”. 上尾市 (2018年4月1日). 2019年4月27日閲覧。
  19. ^ 路線図 大宮営業事務所 (PDF) - 東武バス.2019年6月10日閲覧。
  20. ^ 路線図 上尾営業所 (PDF) - 東武バス.2019年4月27日閲覧。
  21. ^ ぐるっとくん 上尾市内循環バスROAD案内マップ (PDF) - 上尾市役所.2019年4月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 上尾市教育委員会・編『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』上尾市、1997年3月31日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104