西谷誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西谷誠
Makoto-Nishitani20101211.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1976-10-15) 1976年10月15日(42歳)
身長 174cm
体重 56kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 フリー
初免許年 1995年
免許区分 障害[1]
経歴
所属 瀬戸口勉栗東
→フリー
昆貢(栗東)
テンプレートを表示

西谷 誠(にしたに まこと、1976年10月15日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 所属の騎手。父は元騎手でおもに障害競走で活躍した西谷達男。調教では、現役騎手時代に父と同じ厩舎所属であった、瀬戸口勉厩舎の競走馬に乗ることが多かった。

経歴[編集]

競馬学校第11期生として1995年3月に瀬戸口厩舎所属でデビュー。同期騎手に西田雄一郎野元昭嘉などがいる。

デビュー当時は平地競走中心の騎乗となっており[2]初年度には13勝、翌年には11勝を挙げたが、その当時160センチメートルほどであった背が伸び始め[3]平地競走に出走するための体重維持が困難となってきた[4]ことから2011年3月より平地免許を返上し障害専門騎手に転向となっている。

4年目の1998年にはゴッドスピードとのコンビで大活躍。未勝利戦で大差勝ちを収めたあと、格上挑戦で臨んだ阪神障害ステークス(春)で重賞初勝利を達成する。さらには平場のオープン戦をはさんだあとに京都大障害(春)にも勝利する。このあとさらに平場のオープン戦でも勝ち、5連勝を達成するなどの活躍を見せた。年間成績で10勝を記録し、1998年度の優秀障害騎手賞を受賞する。翌年には同馬とのコンビでJ・G1に格付けされた中山大障害に勝利した。

その後も2002年にオンワードメテオで東京ハイジャンプ、2005年にテイエムドラゴン京都ハイジャンプを制し、さらに2006年にはマルカラスカルで中山大障害2勝目を挙げるなど活躍を見せている。2006年は13勝を挙げ障害競走リーディングを獲得し、厩舎関係者表彰の一部門である優秀障害騎手賞を受賞した。

2007年1月にゴージャスディナーに騎乗してJRA通算100勝を記録。同年6月の東京ハイジャンプメルシーエイタイムに騎乗してレコード勝ちを収め、この年は15勝を挙げ、2年連続でリーディングを獲得し、JRA賞最多勝利障害騎手を受賞した。

2008年はマルカラスカルとのコンビで悲願の中山グランドジャンプ初制覇。同年12月6日イルミネーションジャンプステークスをマルカラスカルで制し、中央競馬史上21人目の障害競走通算100勝を達成、同時に父である西谷達男の障害競走通算勝利数と並んだ。この年も13勝を挙げ史上初となる3年連続JRA賞最多勝利障害騎手を受賞している。

そのほか、ネオユニヴァースラインクラフトといったGI優勝馬の調教を担当していた。

2018年2月1日より、昆貢厩舎所属となる[5]

主な勝ち鞍[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順

初騎乗 1995年6月10日 2回中京7日5R 障害400万円下 ミスタードクター 13頭 10 7着
初勝利 1995年7月1日 3回中京5日5R 障害未勝利 ミスタードクター 11頭 2 1着
重賞初騎乗 1996年11月9日 5回京都3日9R 京都大障害(秋) ケイティタイガー 6頭 3 2着
重賞初勝利 1998年3月14日 1回阪神5日9R 阪神障害ステークス(春) ゴッドスピード 11頭 1 1着
JGI初騎乗 1999年4月11日 3回中山6日10R 中山グランドジャンプ ゴッドスピード 10頭 1 9着
JGI初勝利 1999年12月18日 5回中山5日10R 中山大障害 ゴッドスピード 15頭 4 1着

初騎乗 1995年3月4日 1回中京1日2R 4歳未勝利 トップリーダー 16頭 3 5着
初勝利 1995年3月5日 1回中京2日12R 5歳上500万円下 ラディッシュパワー 14頭 2 1着
重賞初騎乗 1996年1月15日 1回京都6日11R 平安ステークス マルカイッキュウ 11頭 11 6着
年度 障害競走 平地競走
1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
1995年 3 2 2 12 .250 .417 .583 13 7 12 213 .061 .094 .150
1996年 8 2 1 27 .296 .370 .407 11 9 11 205 .054 .098 .151
1997年 3 10 6 50 .060 .260 .380 2 1 0 17 .118 .176 .176
1998年 10 9 5 49 .204 .388 .490 0 1 0 10 .000 .100 .100
1999年 6 7 2 44 .136 .295 .341 0 0 0 1 .000 .000 .000
2000年 6 5 4 49 .122 .224 .306 0 0 0 1 .000 .000 .000
2001年 7 3 4 56 .125 .179 .250 -
2002年 6 9 2 58 .103 .259 .293 -
2003年 3 2 5 49 .061 .102 .204 -
2004年 2 2 3 44 .045 .091 .159 -
2005年 6 5 5 44 .136 .250 .364 -
2006年 13 7 5 57 .228 .351 .439 -
2007年 15 9 5 64 .234 .375 .453 0 0 0 1 .000 .000 .000
2008年 13 14 7 67 .194 .403 .507 -
2009年 11 11 5 74 .149 .297 .365 -
2010年 4 6 9 73 .055 .137 .260 -
2011年 8 5 6 63 .127 .206 .302 2011年3月より平地免許返上
中央 124 108 76 880 .141 .264 .350 26 18 23 448 .058 .098 .150
地方 - 1 1 0 5 .200 .400 .400

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ 2007年12月15日の阪神11Rアクアルミナスステークス(ダート1400メートル)で約7年2か月ぶりに平地競走に騎乗した。このときは負担重量57キログラムでの騎乗だった。このレースでの騎乗が平地競走での最終騎乗となった。
  3. ^ 公式発表は174センチメートルだが、本人いわく177センチメートルあったのが、障害で落馬するたびに縮んで175センチメートルになったとのこと
  4. ^ 平地の一般競走で53キログラム- 57キログラム、障害競走の場合は通常は60キログラム以上であり、ほとんどの競走で58キログラム以上で騎乗できる。
  5. ^ 中山大障害3勝 西谷誠騎手が栗東・昆貢厩舎所属に”. netkeiba.com. 2018年2月7日閲覧。

関連項目[編集]