西舞鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まいづるし
舞鶴市
廃止日 1943年5月27日
廃止理由 新設合併
舞鶴市 (旧) 、東舞鶴市舞鶴市
現在の自治体 舞鶴市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 京都府
団体コード  
面積 91.4km2.
総人口 29,903
(1940年国勢調査
隣接自治体 神崎村八雲村岡田下村
志賀郷村東八田村中上林村
東舞鶴市
舞鶴市役所
所在地 京都府
 表示 ウィキプロジェクト

西舞鶴(にしまいづる)は、現在の舞鶴市の西半分。1936年8月1日に舞鶴町が四所村高野村池内村余内村中筋村を編入,翌々年の1938年8月1日に市制を施行し、1943年5月27日に東舞鶴市と合併するまでの舞鶴市に相当し、旧舞鶴市とも呼ばれる。

愛宕山を望む田辺城(舞鶴城)の城下町である旧舞鶴市区域に、由良川川筋の加佐地区を合わせた舞鶴市の西半分を指す場合もある。

概要[編集]

東舞鶴とは異なり、江戸時代田辺藩城下町として舞鶴港伊佐津川を中心に発展し、また近代は商業都市として発展した。かつては加佐郡の中心地であり、郡役所が置かれていた。旧田辺城の近辺には由緒ある社寺が多く残る。現在では、裁判所など国や京都府の出先機関が数多く立地しており、2005年(平成17年)4月に舞鶴東警察署と舞鶴西警察署が統合した舞鶴警察署舞鶴海洋気象台および第八管区海上保安本部がある。

また、倉谷工業団地には資生堂キリンビバレッジなどの企業も操業中であり、現在は喜多工業団地への企業誘致に積極的に取り組んでいる。なお五老岳にある五老スカイタワーからは西舞鶴の街並みを展望することができる。

関連項目[編集]