西福寺 (南九州市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西福寺(さいふくじ)は、鹿児島県南九州市知覧町にかつてあった曹洞宗寺院である。山号は「極楽山」、旧名は「松峯院」であった。

島津氏の分家である佐多氏の菩提寺として覚隠和尚を開山として作られる。当初は佐多氏の領地である佐多(現南大隅町)に建てられたが、4代当主・佐多親久が知覧に移封された時に寺も一緒に引っ越した。

明治2年廃仏毀釈の時に廃寺となり、跡地には現在に至るまでの佐多氏当主と一族の墓が残っている。