西田直敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西田 直敏(にしだ なおとし、1931年8月22日 - )は、日本国語学者甲南女子大学名誉教授

人物[編集]

1954年熊本大学法文学部国文科卒。1956年東京大学大学院国語学修士課程修了。1995年「「自敬表現」の歴史的研究」で東大 博士(文学)。1956年東京大学文学部助手、駒沢大学文学部助教授、1965年北海道大学文学部助教授、1979年教授、1985年甲南女子大学文学部教授。2002年定年退任、名誉教授。

西田良子[1]

著書[編集]

  • 平家物語の文体論的研究』明治書院 1978
  • 『国語学叢書 敬語』東京堂出版 1987
  • 『平家物語の国語学的研究』和泉書院 1990
  • 『文章・文体・表現の研究』和泉書院 1992
  • 『日本文法の研究』和泉書院 1993
  • 『『新体詩抄』研究と資料』翰林書房 1994
  • 『「自敬表現」の歴史的研究』和泉書院 1995
  • 『日本人の敬語生活史』翰林書房 1998
  • 『日本語史論考』和泉書院 2001
  • 『平家物語への旅』人文書院 2001

共著[編集]

  • 『現代日本語』西田良子共著 白帝社 1974 のち桜楓社
  • 『国語要説』池上秋彦,林巨樹共著 桜楓社 1977
  • 『日本語の使い方 話し方と書き方の常識』西田良子共著 創元社 1991
  • 『浄福寺本・仮名書き往生要集 影印・翻刻・解説』西田直樹共編著、おうふう、1994

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年