西田直二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西田 直二郎(にしだ なおじろう、1886年12月23日 - 1964年12月26日)は、国史学者。大阪府生まれ。本名・直二。

略歴・業績[編集]

大阪府西成郡清堀村(現・大阪市天王寺区)生まれ[1]京都帝国大学史学科国史学専攻1期生で、内田銀蔵三浦周行原勝郎内藤湖南らに学び、1910年に卒業[2]。同年、同学大学院に入学し日本文化史を専攻。1915年母校講師、1919年助教授、1924年教授。公職追放令(教職員追放令)で1946年に退官。1951年に追放解除となり滋賀大学京都女子大学教授を歴任。1952年京大名誉教授。

歴史学者としては「文化史学」「文化史観」の提唱で知られる。1924年に「王朝ノ庶民階級」により京都帝国大学から文学博士の学位を授与される[3]

政治・思想においては保守的であり、滝川事件後の新聞部長に就任、新聞部内で高まりを見せていた自由主義擁護の風潮を押さえる側に回った。戦時中は国民精神文化研究所所員として戦意高揚に努めたが、これらの経歴が戦後の公職追放処分の理由になった。

著書[編集]

  • 日本文化史序説 改造社 1932 のち講談社学術文庫
  • 国史に於ける永遠の思想 興亜教学研究会編 目黒書店 1942(教学新書)
  • 洛西花園小史 積善館 1944
  • 日本歴史総説 積善館 1949
  • 京都府綴喜郡大住村史 田辺町大住出張所 1951
  • 京都史蹟の研究 吉川弘文館 1961
  • 日本文化史論考 吉川弘文館 1963
  • 日本古代史論叢 西田先生頌寿記念 古代学協会編 吉川弘文館 1960

脚注[編集]

  1. ^ 西田直二郎 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年7月16日閲覧。
  2. ^ 『京都帝国大学一覧 従明治44年至明治45年』京都帝国大学、1912年3月、p.285 2018年7月16日閲覧。
  3. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年9月23日閲覧。