西田弘志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西田 弘志
にしだ ひろし
生年月日 (1958-11-02) 1958年11月2日(60歳)
出生地 熊本県水俣市
出身校 熊本県立水俣高等学校
前職 水俣市議会議員、水俣市長
所属政党 無所属
公式サイト にしだ弘志officialblog

当選回数 1回
在任期間 2014年2月22日 - 2018年2月21日

Flag of Minamata, Kumamoto.svg 水俣市議会議員
当選回数 3回
在任期間 2003年5月1日 - 2014年
テンプレートを表示

西田 弘志(にしだ ひろし、1958年11月2日 - )は、日本政治家。前・熊本県水俣市長(第18代目)。元・水俣市議会議員(3期)。

来歴[編集]

熊本県水俣市出身。1976年(昭和51年)3月、熊本県立水俣高等学校卒業[1]

2003年(平成15年)4月27日に行われた水俣市議会議員選挙に出馬し初当選した。5月1日、市議に就任[2]。2007年(平成19年)4月、2期目の当選。同年6月、ふれあい一番街商店会会長になる[1]。2011年(平成23年)4月、3期目の当選。

2014年水俣市長選挙[編集]

2013年(平成25年)11月、水俣市副市長の田上和俊が同職を辞任。12月19日、田上は翌年の市長選挙に立候補する意向を表明した。12月28日、元市長(2002年~2006年在職)で市議の江口隆一が市長選に立候補する意向を固めたことが明らかとなった。2014年(平成26年)1月6日、田上が立候補を断念したことが明らかとなる。自由民主党水俣市支部に推薦願を出していた田上は、新聞の取材に対し「自民党が江口氏の推薦を決めた以上、少なくとも保守分裂は私の本意ではない」と述べた。1月17日、西田が市長選に無所属で立候補することを表明した[3]

2月2日、水俣市長選挙が告示。同日、田上の死亡が確認される。警察当局は原因を自殺と見ている[4]。2月9日に行われた市長選で江口を下し初当選した。2月22日、市長に就任[2]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:22,145人 最終投票率:68.76%(前回比:-4.01ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
西田弘志55無所属7,811票52.02%
江口隆一48無所属7,204票47.98%

2018年水俣市長選挙[編集]

2018年(平成30年)2月4日執行。前市議の髙岡利治に敗れ落選[5]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:21,360人 最終投票率:65.52%(前回比:-3.24ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
髙岡利治59無所属7,328票52.81%
西田弘志59無所属6,547票47.19%

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
宮本勝彬
Flag of Minamata, Kumamoto.svg 熊本県水俣市長
2014年 - 2018年
次代:
髙岡利治