西沢竜生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西沢 龍生(にしざわ りゅうせい、旧字体では西澤 龍生1928年7月27日 - )は、日本のスペイン史学者、筑波大学名誉教授。

東京府生まれ。東京高等師範学校卒。杉勇等から薫陶を受ける。京都帝国大学史学科卒。下村寅太郎に師事する。東京教育大学助手、東海大学助教授、愛知県立大学教授を経て、筑波大学教授、1992年定年退官、名誉教授、東京成徳大学教授。

原随園井上智勇田中美知太郎の指導のもと、古典古代史の研究から出発したが、後にオルテガの翻訳など、スペイン史、ヨーロッパ精神史を研究した。

著書[編集]

編著
  • 近世軍事史の震央 人民の武装と皇帝凱旋 彩流社 1992.2

翻訳[編集]

  • 建築 百万人の芸術 T.ハムリン 彰国社 1959
  • 反文明的考察 ホセ・オルテガ・イ・ガセ 東海大学出版会 1966
  • グレイト・フロンティア 近代史の底流 ウォルター・プレスコット・ウェッブ 東海大学出版会 1968
  • 傍観者 エル・エスペクタドール オルテガ・イ・ガセー 筑摩叢書 1973
  • スペインの理念 メネンデス・ピダル、ガニベー、ライン・エントラルゴ 橋本一郎共訳 新泉社 1974
  • 現代文明の砂漠にて J.オルテガ・イ・ガセー 新泉社 1974
  • メヒコの時間 革命と新大陸 カルロス・フエンテス 新泉社 1975
  • 沈黙と隠喩 ホセ・オルテガ・イ・ガセー 河出書房新社 1975
  • 西洋の源流 ギリシア文化拡散の跡をたずねる(監訳) 教育出版センター 1983.3
  • 星の処女神エリザベス女王 十六世紀における帝国の主題 フランシス・A.イエイツ 正木晃共訳 東海大学出版会 1982.9
  • 星の処女神とガリアのヘラクレス 十六世紀における帝国の主題 フランシス・A.イエイツ 正木晃共訳 東海大学出版会 1983.7
  • 裸眼のスペイン 燃えあがる「史」の開顕 フリアン・マリーアス 竹田篤司共訳 論創社 1992.6
  • ある亡命者の変身 ゼルフィ・グスターヴ伝 フランク・ティボル 彩流社 1994.2
  • 憎悪の樹 アングロvsイスパノ・アメリカ フィリップ・ウェイン・パウエル 竹田篤司共訳 論創社 1995.6
  • ディオニューソス 神話と祭儀 ワルター・F.オットー 論創社 1997.3
  • ミューズ 舞踏と神話 ワルター・F.オットー 論創社 1998.4
  • 狩猟の哲学 オルテガ・イ・ガセー 吉夏社 2001.5
  • ミシュレグリム ヴェルナー・ケーギ 論創社 2004.1
  • ブダペストのミダース王 若きルカーチとハンガリー文壇 ジュラ・ヘレンバルト 論創社 2010.10