西江肇司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にしえ けいじ
西江 肇司
生誕 (1968-09-14) 1968年9月14日(50歳)
出身校 関西学院大学
職業 株式会社ベクトル代表取締役社長

西江 肇司(にしえ けいじ、1968年9月14日-)は日本の実業家。株式会社ベクトル代表取締役社長。

人物[編集]

1968年岡山県出身。 関西学院大学入学後、学生時代から起業家として活動[1]1993年に株式会社ベクトルを立ち上げる[2]。 学生向けパーティ会場を抑えるイベント事業やツアー事業、情報誌作りなど、多数のビジネスを手がけていた。当時、手がけたツアーやパーティは年間100本以上にのぼる[2]。 大学卒業後は外資系金融機関に就職予定だったが、断念。その後、プロモーション事業やテレビ番組の制作、ターミナル駅のラーメン街プロデュースまで、幅広い仕事をおこなう[1]2000年頃から、本格的な戦略PR事業を展開。企業活動を広める広報部のサポートやアウトソーシングが業務の主流だったPR業界において、新たな事業として注目を浴びた[1]2000年から7年間ほど、病気により休養[1]2010年から第一線での実務復帰。北京上海香港などをはじめ、シンガポールインドネシアタイベトナムなどに現地法人を設置。成長市場であるアジアASEAN主要国へ事業展開している[1]。現在、同社はアジアにおけるPR会社ランキングで3位を獲得[3]

エピソード[編集]

  • 「戦略PR」を主流におこなう。また、「戦略PR」という言葉を日本で最初に使った人物でもある[2]
  • 多様な事業展開を進めるビジネススタイルで知られているが、それは「新しいことをやるのが好き」というよりは、「ひとつのことを長く続けるのが苦手だから」[2]
  • 中学校時代から一人暮らしを経験。小さい頃から変わっていたため、学校の先生には「あんたが大きくなったらどうなるか見てみたい」と言われたことも[2]
  • 周囲がおニャン子クラブに夢中だったときに、ローリング・ストーンズビートルズにハマっていた[2]
  • 高校時代まで、自由を謳歌していたため、大学時代に入ったときには「遊ぼう」とは思わなかった[2]
  • 学生時代から起業はしていたものの「社長になりたい!」と考えていたわけではなく、会社で働く自分が想像できなかったため、起業に至った[4]
  • PRを手がけるようになったきっかけは、他社にPRを依頼したところあまりうまくいかなかったため。その経験から、自分でPR事業を開始するようになり、現在に至る[4]

経歴[編集]

  • 1968年 岡山県出身。
  • 1988年 関西学院大学入学。在学中に起業
  • 1992年 関西学院大学卒業。
  • 1993年 プロモーションを主軸とする会社として株式会社ベクトルを設立。
  • 1998年 PR事業を開始。
  • 2000年 PR事業を主体とした体制に移行。独立系PR会社として業界3位にのぼり詰める一方、病気により、一時休養。
  • 2004年 分社化し、株式会社アンティル、株式会社プラチナムを設立。
  • 2005年 株式会社シグナル、株式会社PR TIMESを設立。
  • 2012年3月 株式会社ベクトル 東証マザーズに上場[5]
  • 2013年10月 企業の投資家向け広報(IR)支援事業に参入。投資家向け交流サイト・みんかぶの子会社・株式会社IRアドバイザーを取得[3]
  • 2014年11月 株式会社ベクトル 東証一部に上場[5]

著書[編集]

  • 『何故あの会社はTV型サイトにするのか?』(アメーバブックス新社 2008/10)ISBN 4344991265
  • 『PR最強集団のTOPが教えるモノの広め方』(幻冬舎 2010/10)ISBN 4344991729
  • 『もし会社の上司に、Facebookを始めろと言われたら?』(幻冬舎 2011/10)ISBN 434402074X
  • 『何故あの会社はメディアで紹介されるのか?―PR最強集団のTOPが教える55の法則』(アメーバブック新社 2007/12) ISBN 434499101X
  • 『実践インバウンド・マーケティング~成功の鍵は戦略PR×インバウンド×CRM~』(宣伝会議 2013/06)ISBN 4883352781 ※谷井等氏との共著
  • 『戦略PR代理店』(幻冬舎 2014/6)ISBN 4344025571

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e [「週刊ダイヤモンド」2012年4月14日号]
  2. ^ a b c d e f g [「月刊宝島」2012年2月号]
  3. ^ a b [「ベンチャー通信オンライン」 http://www.v-tsushin.jp/search/details/016340/]
  4. ^ a b [転職のまぐまぐ!「ビジネスパーソンwebインタビュー」より http://career.mag2.com/interview/080207/]
  5. ^ a b [J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2014/11/18221117.html]

外部リンク[編集]