西条廃寺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金堂基壇
講堂基壇
塔基壇
塔基壇
北山公園

西条廃寺跡(さいじょうはいじあと)は兵庫県加古川市にある寺院遺跡

概要[編集]

印南野平野を一望する高台、西条古墳群の中に位置し、その構成要素である人塚古墳に隣接する。 法隆寺式伽藍配置の巨大な寺院跡で、奈良時代前期(7世紀後半)の遺跡と推定されている。

1981年から1984年まで行われた学術発掘調査では、風鐸・九輪・瓦などが出土し、それらは加古川市総合文化センター博物館に復元保存・展示されている。

現在は県指定史跡公園「北山公園」として整備され、塔・金堂・講堂の基壇や、中門・回廊跡などが復元されている。

規模[編集]

  • 金堂基壇 - 東西9.0m、南北14.8m、高さ0.9m
  • 塔基壇 - 東西11.0m、南北11.0m、高さ1.2m
  • 講堂基壇 - 東西26.3m、南北15.6m、高さ0.6m

所在地[編集]

〒675-0001 兵庫県加古川市西条山手

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

座標: 北緯34度47分2.6秒 東経134度53分12.8秒