この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

西村美智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西村美智子
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県
生年月日 (1984-04-12) 1984年4月12日(35歳)
身長 156cm
体重 51kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 香川支部
登録番号 4313
登録期 95期
級別 B1級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 2004年11月19日
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

西村 美智子(にしむら みちこ、1984年4月12日 - )は、香川県出身の競艇選手。登録番号4313。身長155cm。血液型B型。95期。香川支部所属。師匠は福田雅一。ボートレーサーを目指すきっかけにもなった山川美由紀を尊敬している。

来歴・人物

香川県立高松商業高等学校在学中はハンドボールの選手として県代表で国体に出場するなど活躍、同時期に競艇の漫画に魅せられ、また、山川美由紀に憧れ競艇選手となるべく受験するも不合格。高校卒業後、教員を目指すために神戸女子大学に入学するも、競艇選手への夢が捨てきれず再度受験をしたところ合格。大学を休学し、やまと競艇学校の門を叩く。やまと競艇学校ではリーグ戦勝率6.91優出4回優勝1回と優秀な成績を残した。

スタート力があり、女子選手の中では上位レベル。デビュー当初は2日連続でフライング(2005年7月桐生競艇場・女子リーグ戦)したりと若さが見られたが、経験を積むごとに安定して早いスタートを切れるようになってきた。

2006年10月丸亀競艇場で行われたオール女子戦でデビュー初優出(5着)、2007年5月尼崎競艇場で行われた一般戦で濱野谷憲吾を捲って1着という大金星を挙げた。2008年は優出こそ無かったものの、成績を上げていき、2009年3月尼崎競艇場で行われるJAL女子王座決定戦競走への出場を決めた。

両親の耳が不自由であるという家庭環境から、幼少の頃から手話を習得し、通訳をしたり代わりに電話をかけるなど両親を助けて来た。その手話を生かして、競艇場での選手紹介ではファンや両親に向けて手話でメッセージを送る事がある。

経歴

テレビ出演

※30倍の難関を突破してやまと競艇学校に入学した西村美智子訓練生、競艇学校の厳しい規律と訓練の日々の中で耳の不自由な両親との手紙をやりとりを心の支えにして夢を追う姿を追いかけるドキュメント番組。(NHK福岡放送局製作。日本映画テレビ技術協会第4回映像技術賞「ドキュメンタリー撮影部門」受賞)

※価値観が対極の若者2人の出会いを描く番組。大阪の外資系企業に勤める新人OL(22歳)は様々な経験を積みたいと、習い事やアルバイトをやってきたが、最近、「広く浅いだけで、これだと誇れるものがない」と思うようになった。そのOLと相対して登場するのは競艇選手・西村美智子(23歳)。勝負の道を極めたいと競艇に打ち込んでいる西村の姿を見て、また、西村と語り合う中で何かを掴もうとするOLの姿を描いている。(NHK高松放送局製作)

関連項目

外部リンク