西村卯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西村 卯
Nishimura U.JPG
生誕 1883年6月27日
鳥取県米子市内町
死没 1971年5月17日
職業 検察官弁護士

西村 卯(にしむら う(しげる)[1]明治16年(1883年6月27日 - 昭和46年(1971年5月17日)は、日本検察官弁護士勲二等。鳥取県士族[2]鳥取県米子市内町出身。

外科医中村徳吉の実兄。鳥取県士族西村佐司衛の長男[3]

略歴[編集]

人物像[編集]

趣味弓道謡曲和歌[2]

家族・親族[編集]

  • 妻・カツ(静岡、金田和三郎二女[2]
明治26年(1893年)7月生[2] - 没
大正3年(1914年8月[2] -

参考文献[編集]

  • 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)二・ニ九頁
  • 編纂兼発行者 沖邑良彦 『大日本司法大観』 1940年 160頁
  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 二…373頁

脚注[編集]

  1. ^ 名前の読み方について、『新日本人物大観』(鳥取県版)人事調査通信社 1958年二…373頁に“西村卯(う)”とあるが、鳥取県郷土人物文献データベースでは卯(しげる)とある。
  2. ^ a b c d e f g 『人事興信録. 第13版』(昭和16年)下二45。
  3. ^ 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)二・ニ九頁より。『米子商業史』461頁には「西村左司衛(質商・金銭貸付)」とある。

関連[編集]

外部リンク[編集]