西村六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西村 六郎(にしむら ろくろう、1931年(昭和6年) - )は、日本の翻訳家、元日本航空社員。 東京府豊多摩郡大久保町(現新宿区西大久保)生まれ。1955年東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業。1957年同法学部卒業。日本航空株式会社に勤務。1963年フランス政府給費技術留学生。アテネ支店長などを務め、ラフカディオ・ハーンの生地に記念碑を建てる運動などをした。1991 - 92年日本ペンクラブ事務局長。大江健三郎と親しく、大江、山口昌男らが1979年にバリ島へ旅行した時に手続きをした[1]

著書[編集]

  • 『ケンジの日記――ある柴犬との16年間の共生』文藝春秋、1997年

翻訳[編集]

  • ジャン G.マレ、フレデリック・シミ『民間航空』白水社文庫クセジュ、1966
  • ジャン・ガロワ『ショーソン 不滅の大作曲家』音楽之友社、1974
  • ルイ・カルトゥ『航空法概論』白水社・文庫クセジュ、1982
  • ニコス・スボロノス『近代ギリシア史』白水社・文庫クセジュ、1988
  • ジョゼフ・ド・スメ『ラフカディオ・ハーン――その人と作品』恒文社、1990
  • モーリス・ブロール『オランダ史』白水社・文庫クセジュ、1994
  • C・M・ウッドハウス『近代ギリシァ史』みすず書房、1997
  • ポール・ルメルル『ビザンツ帝国史』白水社・文庫クセジュ、2003
  • O.W.フロスト『若き日のラフカディオ・ハーン』みすず書房、2003

参考[編集]

[編集]

  1. ^ 大江『恢復する家族』