西暦2525年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西暦2525年
ゼーガーとエバンズ の シングル
収録アルバム 2525 (Exordium & Terminus)
B面 リトル・キッド
リリース 1969年6月
規格 7インチ・シングル
ジャンル フォークロック
時間 3分155秒
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 リック・エバンズ
プロデュース ゼーガーとエバンズ
ゴールド等認定
チャート最高順位
ゼーガーとエバンズ シングル 年表
西暦2525年
(1969年)
Mr. Turnkey
(1969年)
テンプレートを表示

西暦2525年」(せいれき2525ねん、英語: In The Year 2525、イタリア語: Vuonna 2525)は1969年にメジャー発売された、ゼーガーとエバンズ[1] (Zager and Evans) のヒット曲である。

概説[編集]

1968年アメリカテキサス州のローカルレーベル(Truth Records)から発売され地元のラジオ局で流したところヒット、翌1969年にメジャーレーベル(RCAレコード)から発売された[2]Billboard Hot 100で同年7月12日から6週連続1位を記録すると、イギリスシングルチャートでも8月〜9月に3週連続で1位を記録する大ヒットとなった[3]。この曲は遡る事5年前の1964年にリック・エバンズ (Rick Evans) が30分程で作ったといい、歌詞の内容も当時の社会背景から行き過ぎた環境破壊人類の驕り、人類の危機に対する警鐘と人類滅亡の危機を歌ったものだという。環境問題を捉えた歌としてまた時代の先を読んだ歌として、現在でも評価が高い。

日本では1969年8月10日に発売されたが、9月8日オリコンチャートから11週連続の10位圏内ランク(10月13日より2週連続で最高位の3位を記録)となり、40万枚近いセールスを記録している。

ゼーガーとエバンズはその後のヒット曲には恵まれず、1971年に解散している。

カヴァー[編集]

この曲は以下の音楽グループ歌手によってカヴァーされている。

  1. ^ ベストアルバム「Fade to Grey – The Singles Collection」にて、未発表デモとして収録
  2. ^ カバーアルバム「SUPER VARIO」に収録
  3. ^ アルバム「Queen of Love」にて、「Mighty Mighty Love」と改題されて収録
  4. ^ アルバム「NATO」にて、「2525」と改題されて収録

脚注[編集]

  1. ^ 日本盤のシングル・レコードリリース時における表記である。デニー・ゼーガー (Denny Zager) とリック・エバンズ (Rick Evans) によるポップ・フォークデュオで、大学時代の1964年に結成。日本語ではこの他に「ゼーガーとエバンス」、「ゼーガーとエヴァンス」、「ゼーガー&エヴァンス」、「ゼイガー&エヴァンズ」などとも表記される。
  2. ^ Truth Recordsの音源にストリングス闘牛音楽から引用したホーンアレンジが追加された。(ビルボード・ナンバー1・ヒット1955~1970上巻著フレッド・ブロンソン)
  3. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 236. ISBN 1-904994-10-5. 

参考情報[編集]

参考文献[編集]

  • ビルボード・ナンバー1・ヒット1955~1970上巻 The Billboard book of number one hits:1955~1985  著 フレッド・ブロンソン  訳 井上憲一ほか 監修 かまち潤 音楽之友社 ISBN 4276236010 1988年発行
先代:
ヘンリー・マンシーニ
「ロミオとジュリエットのテーマ」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1969年7月12日 - 8月16日
次代:
ローリング・ストーンズ
ホンキー・トンク・ウィメン