西明寺城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
西明寺城
栃木県
別名 高館城
城郭構造 山城[1]
築城主 不詳
築城年 鎌倉時代[1]
主な城主 益子氏
廃城年 1590年(天正18年)[1]
遺構 郭、土塁、空堀[1]
指定文化財 町指定史跡[2]
位置
地図
西明寺城の位置(栃木県内)
西明寺城
西明寺城

西明寺城(さいみょうじじょう)は、現在の栃木県芳賀郡益子町にあった中世の日本の城である。宇都宮氏の家臣益子氏の居城だった。別名を高館城

歴史・沿革[編集]

西明寺城の起源は、西明寺のある高館山に京都から移住してきた紀氏(後の益子氏)が本拠を構えた事から始まった[要出典][3]

南北朝時代には、『結城文書』に「伊佐中郡御城、西明寺城、当城候」と記されており、関城大宝城伊佐城伊佐中郡御城などと並んで、関東六城の一つに数えられ[2][4]南朝方の最北端の拠点であった[1]。その後、北朝方の攻撃を何度か耐えたが、1352年正平7年)に関東六城の中で最後に落城した[2]

戦国時代に入ると、益子氏は一族内で内紛が続発し、衰退への道を歩むことになる。また、主家の宇都宮氏から離反と帰順を繰り返すようになった[要出典]

1590年天正18年)[1][5]、業を煮やした主君宇都宮国綱は大規模な討伐を実行し、益子家宗を誅殺して益子氏の領地を没収した。この際に廃城となる[1]

構造[編集]

西明寺城跡は現在、西明寺の寺域となっている。本堂脇の遊歩道を登っていくと本丸跡に展望台が設置されている。また、空堀なども散見される。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 児玉幸多 監修坪井清足 監修平井聖 編修村井益男 編修 『日本城郭大系 第四巻 茨城 栃木 群馬』 新人物往来社、1979年、255頁。ISBN 4404010117
  2. ^ a b c 益子町. “文化財詳細 高館城跡(西明寺城)”. 益子町 生涯学習課. 2017年7月26日閲覧。
  3. ^ 案内板には『下野国誌』に康平年間に紀権守正隆によって築城されたとあるが、この記載は『日本城郭大系』では城郭の構造上益子古城のことだとしている
  4. ^ 大日本史』で紹介されてると案内板の記載あり
  5. ^ 案内板には1587年(天正17年)3月とあるが和暦と整合性がない

関連項目[編集]