西川義方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西川 義方(にしかわ よしかた、1880年6月28日 - 1968年8月27日)は、日本医師内科学者。

和歌山県出身。東京帝国大学医学部卒。日本医学専門学校教授、東京医科大学教授。1919年宮内省侍医として大正天皇を診た。1922年の主著「内科診療の実際」はロングセラーとなった。温泉に関する随筆でも知られ、短歌も詠んだ。

著書[編集]

  • 結核早期診断法 爾見淳太郎共編 半田屋医籍 明41.7
  • 内科診療ノ実際 南山堂書店 1922
  • 花橘 歌集 私家版、1924
  • 救護第一線 南山堂書店 1924 (少年団日本聯盟叢書)
  • 肺病全治への早道 家庭医学社 1930
  • 強肺健康法 主婦之友社 1931
  • 欧洲医学遍路 診断と治療社出版部 1932
  • 温泉と健康 南山堂書店 1932.7
  • 縦と横 三省堂 1934
  • 看護の実際 南山堂 1935
  • 澄心記 人文書院 1937
  • 温泉須知 診断と治療社出版部 1937
  • 温泉読本 実業之日本社 1928
  • 随筆炉ばた 創元社 1940
  • 随筆雲と水 創元社 1941
  • 水 朝日新聞社 1942 (朝日新選書)
  • 健康礼讃 日本青年教育会出版部 1942
  • 科学の匂 六興商会出版部 1943
  • 温泉言志 人文書院 1943 
  • 厚生温泉学 南山堂 1944 
  • 表解内科学 総論篇 東洋書館 1947
  • イモの栄養と調理 東洋書館 1947
  • 肺結核の家庭療法 家庭社 1948
  • 侍医三十年 大日本雄弁会講談社 1952
  • 家庭療法全書 主婦之友社 1953

参考[編集]

  • 日本人名大事典