西嶋和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西嶋 和夫(にしじま かずお、1919年11月29日 - 2014年1月28日)は、日本仏教学者

経歴[編集]

神奈川県横浜市出身。旧制静岡高校を経て、東京大学法学部法律学科へ進学。卒業後大蔵省入省。日本証券金融等に勤務のかたわら仏教研究を行い、その主著「現代語訳正法眼蔵全12巻」は道元禅師の著した「正法眼蔵」全巻の最初の現代日本語訳である。2007年頃まで日本証券金融常任監査役を経て、㈱井田両国堂顧問。仏教に関する多数の著書があり、ナーガールジュナ(竜樹尊者)の著作「中論」の日本語訳を出版して以降はその講義と再改訂ならびに英語訳に取り組んでいる。

1973年永平寺東京別院にて丹羽廉芳老師(にわれんぽう、1985年に永平寺77世貫主)のもとで出家。法名愚道和夫(ぐどうわふ)。1977年師より嗣法。東京大学仏教青年会、東方学院をはじめ各所で日本人ならびに外国人に講義を行い、日本はもとよりアメリカ、ヨーロッパ、南米において弟子が活動をしている。2010年12月体調を崩し、2011年より入院療養。2014年1月28日、死去。享年94。

参考出典[編集]

金沢文庫「現代語訳正法眼蔵」著者略歴より