西嶋一記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西嶋 一記
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市泉区
生年月日 (1989-02-28) 1989年2月28日(30歳)
身長
体重
187 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西嶋 一記(にしじま かずき、1989年2月28日 - )は、神奈川県出身の元野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

横浜市立上飯田中学時代には瀬谷シニアに所属し、全日本選抜に選ばれる。父も少年野球の監督を務める。

横浜高校進学後は1年春からベンチ入りするが、1年秋の県大会準決勝では満塁弾を浴び逆転負けを喫する。3年夏の県大会では4試合に先発し好成績を残した。3年春と夏には甲子園に出場し、リリーフとして登板した。

明治大学進学後は1年春から公式戦に登板するが、左肩の故障に加え野村祐輔らの台頭もあり2年春から3年春にかけては登板が減る。しかし3年秋にはリーグ1位の防御率1.13を記録する活躍でリーグ優勝に貢献し、U-26 NPB選抜 対 大学日本代表の代表に選抜され、世界大学野球選手権日本代表の候補にも選ばれる活躍を見せる。

2010年11月20日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ[1]

プロ入り後[編集]

2011年パイオニアリーグのアドバンスドルーキー級オグデン・ラプターズでプレーし、14試合の登板で2勝1敗、防御率5.51、WHIP1.41の成績を残した。

2012年もオグデンでプレー。16試合の登板で8勝1敗、防御率4.57、WHIP1.44の成績を残し、シーズン終了後には「結果を残さないといけないので、勝ちがついてきたのはいいこと。2、3年後のメジャー昇格を目標とし、山本昌さんや斎藤隆さんみたいに長くやれるようになりたい」と語った[2]

2013年3月23日に解雇される。

ドジャース退団後[編集]

2013年6月から社会人野球熊本ゴールデンラークスでプレー[3]

2015年から富士重工業へ移籍、同年3月に行われた第70回JABA東京スポニチ大会では決勝戦の対Honda戦でロングリリーフ、無失点に抑えて優勝投手となったが、2016年限りで現役を引退した。

プレースタイル[編集]

最速143km/hの速球と同じ振りから100km/h台前半のカーブスライダーツーシーム気味のスクリューボールを投げ分ける[4]

フォームにもまとまりがあり、大学4年時には与四球率1.69をマークした制球力も持ち味[4]

人物[編集]

憧れの選手には高橋尚成内海哲也を挙げ、アメリカの環境やベースボールそのものの雰囲気が好きだと語っている[4]

脚注[編集]

  1. ^ ドジャース 明大左腕と熊本の高校生右腕と契約 スポニチ、2010年11月19日。
  2. ^ 米マイナーの西嶋 充実2年目「課題見えてきた」スポニチ、2012年11月15日
  3. ^ 元ドジャース傘下・西嶋(熊本ゴールデンラークス)1日開幕の都市対抗予選で初見参西日本スポーツ、2013年6月1日。
  4. ^ a b c 『野球小僧』2010年10月号、白夜書房、雑誌18801-10、176-179頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]