西崎崇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西崎 崇子にしざき たかこ1944年4月14日 - )は、名古屋生まれのヴァイオリニストである。ドイツナクソスの創業者クラウス・ハイマンの夫人である(1974年結婚)。今は香港在住。

西崎信二の手ほどきで4歳からヴァイオリンを始め、9歳の時、スズキ・メソードの第1期生となる。桐朋学園高校に入学した後、1961年、ジュリアード音楽院に進学し、ジョゼフ・フィクスに師事した。1969年、ヴィオラの今井信子モーツァルト協奏交響曲を演奏してジュリアード・コンチェルト・コンクールで第1位を獲得した。ナクソスから数多くの録音をリリースしている。1996年からフリッツ・クライスラー国際コンクールの審査員を務め、2001年、オーストリア政府からオーストリア共和国功績勲章金章を授与された。

外部リンク[編集]