西岡葉月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
にしおか はづき
西岡 葉月
プロフィール
別名義 葉月(旧芸名)
出身地 日本の旗 日本北海道
血液型 O型
公称サイズ(2016年[1][2]時点)
身長 / 体重 170 cm / kg
スリーサイズ 93 - 62 - 88 cm
カップサイズ G
靴のサイズ 25 cm
活動
デビュー 2015年
ジャンル グラビア
他の活動 タレント女優
その他の記録
ミスiD2016 佐久間宣行賞 / シュエ・ジェンファン賞
モデル: テンプレート - カテゴリ

西岡 葉月(にしおか はづき)は、2015〜2017まで活動していた日本グラビアアイドルタレント北海道出身。

略歴[編集]

デビュー前はすすきのホステス営業職に就いていたが、地元北海道を見ながら「私もこのまま北海道で死ぬのかな」と思ったことがきっかけで芸能界入りを志した[3]

2015年7月より「葉月」の芸名で活動、雑誌『週刊プレイボーイ』(2015年8月3日号)でグラビアデビュー[4]。同年11月、講談社が主催する女性アイドルオーディションミスiD2016」で佐久間宣行テレビ東京プロデューサー・ディレクター)賞、シュエ・ジェンファンファッションデザイナー)賞の選考委員個人賞2冠を獲得した[5]。選考委員コメントでは、実行委員長の小林司から「女の子の持ってる天真爛漫さ、不安定さ、へんてこさといった愛すべきものをすべて持ってる女の子」「迷わず日本のケイト・アプトン道を歩んでほしい」と評されたほか、佐久間から「素材感丸出し。ルックス・油断してる性格・東京に全く染まって無い感じ、どれもが魅力たっぷりで、周囲を思わず笑顔にさせてました。本人がそれに気づいてない感じもまた最高」、ジェンファンから「She is very charming like Goldie Hawn!(ゴールディ・ホーンのようにとってもチャーミング!)」と賛辞を受けた[5]。後に、芸名を「西岡葉月」に改名[6]。2017年4月10日、所属事務所が西岡の活動自粛を発表[7]

人物[編集]

特技はけん玉[8]。趣味はベリーダンス漫画を読むこと、映画を見ること[8]

エピソード[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

作品[編集]

イメージDVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式プロフィール”. エヌアンドエスプロモーション. 2016年6月22日閲覧。
  2. ^ a b c “お騒がせグラドル 西岡葉月「NGコードはない」夢はマツコと共演”. スポーツニッポン. (2016年4月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/30/kiji/K20160430012500380.html 2016年6月22日閲覧。 
  3. ^ a b 『ゴッドタン』で乳首を出したグラドル・西岡葉月はトークも過激「見てろよアキバの男ども!!」”. トレンドニュース (2016年4月14日). 2016年6月22日閲覧。
  4. ^ The Poem 新人 葉月 グラビア 初登場 プレイボーイ 7/21発売”. エヌアンドエスプロモーション. 2016年6月22日閲覧。
  5. ^ a b ミスiD 2016 グランプリ発表”. ミスiD. 2016年6月22日閲覧。
  6. ^ 西岡葉月 (@hazu1110ki) さんのツイート”. Twitter (2016年1月25日). 2016年6月22日閲覧。
  7. ^ 西岡葉月について”. エヌアンドエスプロモーション (2017年4月10日). 2017年5月7日閲覧。
  8. ^ a b はじめまして。”. 西岡葉月 Official Blog Powered by Ameba (2016年12月9日). 2016年12月14日閲覧。
  9. ^ “Gカップ葉月、初DVDの撮影は「AVっぽいものだと思ったらヌルかった」”. マイナビニュース. (2016年1月2日). http://news.mynavi.jp/news/2016/01/02/166/ 2016年6月22日閲覧。 
  10. ^ “ハプニングGカップ西岡葉月、DVDイベントは「400人目指す」”. サンケイスポーツ. (2016年4月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160425/gra16042505010002-n1.html 2016年6月22日閲覧。 

関連項目[編集]