西岡真一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西岡 真一郎
にしおか しんいちろう
生年月日 (1969-05-11) 1969年5月11日(52歳)
出生地 日本の旗 東京都武蔵野市
出身校 獨協大学経済学部経営学科
前職 政党職員
所属政党無所属→)
民主党→)
無所属
配偶者 友寄蓮(2021年 - )
公式サイト 西岡真一郎 小金井市長 公式WEBサイト

Flag of Koganei, Tokyo.svg 第19代 東京都小金井市長
当選回数 2回
在任期間 2015年12月18日 - 現職

選挙区 小金井市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2005年7月23日 - 2013年7月22日

当選回数 2回
在任期間 1997年 - 2005年
テンプレートを表示

西岡 真一郎(にしおか しんいちろう、1969年5月11日 - )は、日本政治家東京都小金井市長(2期)。東京都議会議員(2期)、小金井市議会議員(2期)を務めた。妻はタレントの友寄蓮[1]

来歴[編集]

東京都武蔵野市生まれ。父親の仕事の関係で幼稚園、小学校は5回変わった。10歳のときに小金井市に転入。小金井市立南小学校小金井市立小金井第二中学校東京都立清瀬高等学校卒業。19歳のとき、地域活動に熱心だった父親が唐突に市議選に立候補し、落選。それが政治を志すきっかけになった[2]

1年間の浪人生活を経て、獨協大学経済学部経営学科に入学し、1993年3月に卒業。同年4月、自由民主党本部事務局に入職した。政治改革推進本部の事務局長だった武村正義に心酔。新党さきがけ結党ののち、同年8月に同党事務局へ移籍。1996年11月、アメリカ合衆国政府インターナショナル・ビジター・プログラムにより、訪米[3]

1997年小金井市議会議員選挙に無所属で立候補し、初当選した。小金井市議は2期8年務める。2005年の東京都議会議員選挙に小金井市選挙区から民主党公認で立候補して当選した。民主党に強い追い風が吹いた2009年東京都議会議員選挙でも再選されたが、2013年東京都議会議員選挙では自民党公認の新人に敗れ、落選した。2014年11月よりチャイルド社グループの保育園で事務長を務める[3]

2015年小金井市長選挙[編集]

2015年6月、民主党を離党。同年9月11日、小金井市長選挙に無所属で立候補する意向を表明[4]

同年12月13日投開票の小金井市長選は、市役所新庁舎の建設が主な争点の一つであった。小金井市は1992年蛇の目ミシン工場跡地を119億円で購入したものの、財政難により新庁舎の建設計画は頓挫した。その後、小金井市の新しい清掃工場の建設候補地に蛇の目ミシン工場跡地が挙がっていたが、市民の反対運動により市はこの計画も断念し、約11,000平方メートルに及ぶ工場跡地は23年も空き地のままであった[5]。西岡は新庁舎建設に加え、図書館・福祉会館の建設を公約に掲げ立候補[6]。現職の稲葉孝彦市長や小金井市を含む東京18区選出の土屋正忠衆議院議員の支持と自由民主党・公明党の推薦を受けた五十嵐京子、元市議の白井亨ら3候補を破り初当選した[7]12月18日、市長就任[8]

※当日有権者数:94,952人 最終投票率:41.42%(前回比:-1.86pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
西岡真一郎46無所属12,849票33.18%
五十嵐京子65無所属10,048票25.94%(推薦)自由民主党公明党
白井亨40無所属10,045票25.94%
岩渕美智子60無所属5,786票14.94%

2019年小金井市長選挙[編集]

任期満了に伴う市長選に向けて再選を目指し立候補を表明後[9]、2019年10月7日、市議の河野律子が自民党、公明党の推薦を受けて立候補する意向を表明(のちに東京維新の会が推薦を決定)。同年11月12日、日本共産党所属の元市議の森戸洋子が立候補表明[10][11][12]

この年の市長選は近隣の首長の色分けがはっきりした選挙でもあった。自民・公明・維新推薦の河野には、府中市長の高野律雄立川市長の清水庄平西東京市長の丸山浩一らが推薦を出し[13]、西岡には日野市長の大坪冬彦調布市長の長友貴樹が出陣式の応援にかけつけた[14]

選挙の争点となったのは東京都が進めている都市計画道路事業の是非であった。都は2016年3月30日に「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」を策定。全体で315本、距離223キロに及ぶ計画の中で、小金井市中央部を走る連雀通りから東西に新小金井街道に至る約2キロの「3・4・1号線」と、連雀通りから南北に東八道路に抜ける約830メートルの「3・4・11号線」の二路線を優先整備路線に選定した[15][16]。ところが予定地が豊かな湧き水や緑の多い「はけ」と呼ばれる国分寺崖線や自然環境に恵まれた野川周辺にかかることから、小金井市では反対運動が根強くあった[17]。四次事業化計画策定前に都が募集したパブリックコメントには4,126件の意見が寄せられたが、うち半分の2,111件が小金井市の2本の道路についてで、97%が反対を示した[18]

西岡は告示前まで「市民の理解が十分と言えず、現時点では賛同しかねる」と微妙な言い回しで慎重姿勢を示してきたが、正面から計画中止を主張する森戸の出馬で、反対派が「分断」されかねない事態が起きた。反対派の各市民グループは連日のように対応を協議。西岡と森戸に票が割れ、道路推進派の河野陣営[19]に漁夫の利を与えることを最も恐れた。そうした状況の中で西岡の選対は投票日わずか2日前の12月6日、選挙ポスターに「市民の望まない都市計画道路は作らせない」というシールを追加で貼り、旗幟を鮮明にした[17]

12月8日投開票。立憲民主党系の市議や連合東京などの支援を受けつつも政党色を薄めて選挙戦に臨んだ西岡が3候補を破り、再選を果たした[17]

※当日有権者数:100,035人 最終投票率:40.89%(前回比:-0.53pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
西岡真一郎50無所属18,579票45.97%
河野律子51無所属10,759票26.62%(推薦)自由民主党公明党東京維新の会
森戸洋子63無所属10,399票25.73%(支持)日本共産党
立花孝志52NHKから国民を守る党678票1.68%

政策・人物[編集]

  • 2020年2月17日、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認証するパートナーシップ制度を同年秋をめどに導入すると明らかにした[20]。10月20日に導入開始。
  • 献血活動や地域イベント等を通じて知り合った、小金井市出身のタレントの友寄蓮と2021年春に結婚した[1][21]

脚注[編集]

  1. ^ a b タレントの友寄蓮 26歳上の西岡真一郎小金井市長との結婚&妊娠を発表 - Sponichi Annex 2021年7月21日
  2. ^ 花井勝規、布施谷航 (2019年12月4日). “小金井市長選 候補者の横顔”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201912/CK2019120402000119.html 2019年12月5日閲覧。 
  3. ^ a b 小金井市長 西岡真一郎 公式WEBサイト| 小金井の未来をつくる会 | プロフィール
  4. ^ “小金井市長選 前都議・西岡氏出馬表明/東京”. 毎日新聞. (2015年9月12日). http://mainichi.jp/articles/20150912/ddl/k13/010/225000c 2015年12月17日閲覧。 
  5. ^ “小金井市長選 市庁舎問題で論戦 用地取得から23年、今も放置”. 毎日新聞. (2015年12月10日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201512/CK2015121002000165.html 2015年12月17日閲覧。 
  6. ^ “小金井市長選/小金井市議補選 告示 市長選、4新人の争いに 市議補選には6人/東京”. 毎日新聞. (2015年12月7日). http://mainichi.jp/articles/20151207/ddl/k13/010/033000c 2015年12月17日閲覧。 
  7. ^ “小金井市長選/小金井市議補選 市長選、西岡氏が初当選 新庁舎問題で支持集め/東京”. 毎日新聞. (2015年12月15日). http://mainichi.jp/articles/20151215/ddl/k13/010/107000c 2015年12月17日閲覧。 
  8. ^ “西岡・小金井市長 初登庁「対話の行政を」/東京”. 毎日新聞. (2015年12月19日). http://mainichi.jp/articles/20151219/ddl/k13/010/057000c 2016年3月13日閲覧。 
  9. ^ “西岡・小金井市長が再選出馬表明”. 産経新聞. (2019年9月29日). https://www.sankei.com/region/news/190929/rgn1909290002-n1.html 2019年12月10日閲覧。 
  10. ^ “小金井市長選 河野氏が出馬表明”. 産経新聞. (2019年10月7日). https://www.sankei.com/politics/news/191007/plt1910070030-n1.html 2019年10月8日閲覧。 
  11. ^ “小金井市長選に元市議が出馬へ”. 産経新聞. (2019年11月13日). https://www.sankei.com/region/news/191113/rgn1911130030-n1.html 2019年11月13日閲覧。 
  12. ^ 令和元年12月8日執行 小金井市長選挙立候補者一覧 小金井市 (PDF)
  13. ^ 令和元年12月8日執行 小金井市長選挙公報 (PDF)”. 小金井市選挙管理委員会 (2019年12月1日). 2019年12月2日閲覧。
  14. ^ 花井勝規、布施谷航 (2019年12月2日). “小金井市長選告示 現新4人が第一声”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201912/CK2019120202000096.html 2019年12月8日閲覧。 
  15. ^ 都市計画道路3・4・11号線(優先整備路線)に関する意見交換会及び説明会について:小金井市公式WEBへようこそ
  16. ^ 「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」の公表について | 東京都都市整備局
  17. ^ a b c 花井勝規 (2019年12月10日). “小金井市長選 西岡さん、3新人破り再選”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201912/CK2019121002000110.html 2019年12月10日閲覧。 
  18. ^ 山本俊明 (2016年5月). “残るのか武蔵野の原風景~忍び寄る都道計画~”. 時事通信. https://www.jiji.com/jc/v4?id=201605musashinolandscape0001 2019年12月11日閲覧。 
  19. ^ 市民グループ「都市計画道路を考える小金井市民の会」は2019年の市長選に際して、立候補予定者に公開アンケートを申し込んだ。都市計画道路に関する各立候補予定者の回答は次のとおり(2019年11月22日発行の会報特別号より)。
    西岡真一郎「2つの優先整備路線につきましては、地元の市民や環境への配慮などを考慮すると現時点では賛同できる状況になく、事業者である東京都と地元本市との関係においても、調整がついていない状況では強引に事業化を進めることはできないのではないかと、申し上げてきたところです。」
    河野律子「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)に基づき進められているものと理解しています。」
    森戸洋子「2つの路線の事業化に反対し、東京都に中止を求めます。」
  20. ^ “パートナーシップ制度 小金井市、今秋導入へ /東京”. 毎日新聞. (2020年2月18日). https://mainichi.jp/articles/20200218/ddl/k13/010/010000c 2020年2月20日閲覧。 
  21. ^ 白血病克服の26歳友寄蓮、52歳の小金井市長と結婚 妊娠も発表”. 日刊スポーツ (2021年7月21日). 2021年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]