西岡信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西岡 信雄(にしおか のぶお、1939年11月1日[1]- )は、日本音楽学者大阪音楽大学名誉教授。 専門分野は音楽人類学。元大阪音楽大学理事長兼学長。財団法人音楽文化創造理事、財団法人大阪府文化振興財団常任理事、浜松市楽器博物館名誉館長、伊丹アイフォニックホール音楽プロデューサー。人文地理学西岡秀雄の長男。

来歴[編集]

東京出身。慶應義塾大学工学部入学、工学部3年次終了後、商学部に転部し、1963年に卒業。

大阪フィルハーモニー交響楽団で1966年までフルート奏者として活動した後、大阪音楽大学で関西洋楽受容史の研究に当たる一方、フリーのフルート、ピッコロリコーダー奏者、民族楽器奏者として活躍。

1971年に大阪リコーダー・コンソートを結成、1990年まで主宰を務める。1976年大阪音楽大学助教授、1983年同教授。1996年から2009年まで同理事長、1998年から2016年まで学長兼任。

著作[編集]

共著編[編集]

  • 『新編 音楽中辞典』(2002 音楽之友社) (山口修監修、海老沢敏上参郷祐康との共著)
  • 『よくわかる楽器のしくみ 図解雑学 絵と文章で分かりやすい! オールカラー』編著 ナツメ社 2009

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』