西山敏樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西山 敏樹(にしやま としき、1976年3月29日 - )は、日本都市工学者東京都市大学都市生活学部・大学院環境情報学研究科准教授。専門はユニバーサルデザイン、公共交通のシステムと車輌(特にバスに精通)、未来都市論、社会調査法等。バスジャックやバスの火災等、バスの安全対策でテレビ・ラジオ出演多数。衆議院議員の菅原一秀(自由民主党・東京9区)は従兄。

略歴[編集]

東京都出身。攻玉社中学校・高等学校[1]慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。学位は博士(政策・メディア)。

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師、同大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任准教授、同大学医学部特任准教授(精神・神経科学)などを経て、2015年4月より現職。

慶應義塾大学SFC研究所上席所員、一般財団法人地域開発研究所(国土交通省所管)客員研究員、日本イノベーション融合学会専務理事、ヒューマンインタフェース学会評議員などを兼任。

2005年および2007年にEcoDesign Best Poster Award 連続受賞、2014年にグッドデザイン賞受賞等、国内外で研究成果が表彰されている。初期の慶應義塾大学SFCの卒業生らしく、幅広い研究分野に精通し、著書や論文のテーマの幅も広い。

バスグラフィック誌他、専門誌の寄稿記事も多く、交通趣味の世界でも知られる。鉄道模型の収集家としても有名。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『大学1年生からの研究の始めかた』(慶應義塾大学出版会、2016年)※「CiNii Booksの所蔵館数ランキング」(2016年1月~2017年9月新刊)「学術・図書館情報学部門」で1位
  • 『近未来の交通・物流と都市生活 ユニバーサルデザインとエコデザインの融合』(慶應義塾大学出版会、2016年)
  • 『福祉技術と都市生活 高齢者・障がい者・外国人・子どもと親への配慮』(慶應義塾大学出版会、2017年)
  • 『交通サービスの革新と都市生活 行動の意思決定を有効に支援する技術』(慶應義塾大学出版会、2017年)※本書は日本イノベーション融合学会2019年度学術貢献賞受賞図書
  • 『工学部生のための研究の進め方 使いやすさ”の追究と倫理的配慮』(慶應義塾大学出版会、2018年)

共著[編集]

  • 『話を盛り上げる究極の雑学』(角川書店、2003年)
  • 『ユニバーサルデザインハンドブック』(丸善、2003年)
  • 『子どもの「問題解決力」がぐんぐんのびる!ーじぶんの答えを見つけるための6つのステップ』(合同出版、2009年)
  • 『プロが教える自動車のメカニズム』(ナツメ社、2010年)
  • 『データ収集・分析入門 社会を効果的に読み解く技法』(慶應義塾大学出版会、2013年)
  • 『実地調査入門 社会調査の第一歩』(慶應義塾大学出版会、2015年)※本書は日本イノベーション融合学会2020年度学術貢献賞受賞図書
  • 『今後の超高齢化社会に求められる生活支援(医療・福祉・介護・リハビリ)ロボット技術』(情報機構、2015年)
  • 『インホイールモータ 原理と設計法』(科学情報出版、2016年)
  • 『子どもの保健II (保育者養成シリーズ) 』(一藝社、2016年)
  • 『乳児保育-子ども・家庭・保育者が紡ぐ営み-』(教育情報出版、2018年)
  • 『子どもの発達の連続性を支える保育の心理学』(教育情報出版、2019年)
  • 『大学1年生からのプロジェクト学習の始めかた』(慶應義塾大学出版会、2019年)※本書は日本イノベーション融合学会2020年度学術貢献賞受賞図書
  • 『都市イノベーション〜都市生活学の視点〜』(朝倉書店、2019年)
  • 『都市5.0〜アーバン・デジタルトランスフォーメーションが日本を再興する』(翔泳社、2020年)
  • 『子育て支援〜保育士を育てる〜』(一藝社、2020年)

脚注[編集]

  1. ^ 受け継がれる攻玉社精神 - 攻玉社中学校・高等学校を経て

外部リンク[編集]