西山完瑛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西山 完瑛(にしやま かんえい、天保5年(1834年) - 明治30年(1897年8月12日)は、日本の江戸時代末期から明治時代中期に活動した絵師日本画家。名は謙、字は子受、完瑛は号で、俗称は謙一郎。

略歴[編集]

絵師・西山芳園の子として大坂で生まれる。幼少から父に絵を習い、また後藤松陰の私塾・広業館で儒学を学ぶ。一時、明石藩に出仕し明石樽屋町に住んで[1]禄を得たが、廃藩置県で致仕し北浜に居を構える。明治17年(1884年)設立の浪華画学校には当初参加してなかったものの、翌年病弱だった狩野永祥の代わりに教授の任に就いたとされるが、具体的な期間や関与、授業内容などは不明。人物・花鳥山水を得意としたとされ、絹本著色の細密画に優品が多く、画帖形式のものや芳園が殆ど描かなかった美人画も散見される。父の師・松村景文に回帰する対角線構図を上手く用いた花鳥画や、長沢芦雪の作品を模写したものもある[2]。明治30年(1897年)没、享年64。墓は父と同じ大阪市北区東寺町(現与力町)の善導寺。弟子に、望月金鳳武部白鳳山本永暉など。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款 印章 備考
浪華二十四景 著色 24図 大阪歴史博物館
納涼船遊図 著色 1幅 大阪歴史博物館 明治時代 完瑛 白文方印・朱文方印
浪華名所画帖 絹本著色 1帖8図 16.9x21.2(各) 泉屋博古館 完瑛 「謙印」白文方印・「子受」朱文方印 讃は本為山、岸田素屋、二畳庵桃兮、樫斎弘美、内海良大、五木庵潮水、老鼠堂永機、八木芹舎ら幕末明治期の俳人8人の寄せ合い書きで、賛者で跋文も書いている二畳庵桃兮の注文[3]
浪華旧名勝図 絹本墨画著色 2帖各15図 21.2x18.0(各) 大阪中之島美術館[4] 明治時代
四季花鳥図 紙本著色 衝立1基 白鹿記念酒造博物館 1869年(明治2年) 完瑛
浪華天保山図 絹本著色 1幅 38.6x75.0 個人
和美人 絹本著色 1幅 128.0x49.2 個人 1890年(明治23年) 完瑛
雨中白鷺図 絹本著色 1幅 146.5x85.4 ボストン美術館[5] 完瑛 朱文方印・白文方印 ボストン美術館は合作1点を含む合計11点の完瑛作品を所蔵
浪華風俗図巻 紙本著色 1巻 31.5x427.4 大英博物館[6]

脚注[編集]

  1. ^ 明尾(2019)pp.615-614。
  2. ^ 中谷伸生 「長澤蘆雪と大坂画壇]『東アジア文化交渉研究 第12巻』 関西大学大学院東アジア文化研究科、2019年3月31日、pp.3-21。
  3. ^ 公益財団法人 泉屋博古館編集・発行 『泉屋博古 日本絵画』 2010年11月1日、第80図。
  4. ^ [ID_5101] 浪華旧名勝図(上下巻各15図) : 資料情報 _ 所蔵作品 _ 大阪中之島美術館コレクション(旧・大阪新美術館)
  5. ^ Herons On A Pine – Results – Advanced Search Objects – Museum of Fine Arts, Boston
  6. ^ Three scenes from lives of pleasure-loving inhabitants of Naniwa, Osaka, in spring

参考文献[編集]

  • 『なにわ風情を満喫しようー大坂四条派の系譜ー』 大阪商業大学商業史博物館、2017年10月20日
  • 中谷伸生 徳光正子 圓井愼一郎 明尾圭造 「平成29年度 大阪商業大学商業史博物館シンポジウム 「なにわ風情を再考する ー大坂四条派の系譜ー」」『大阪商業大学商業史博物館紀要』 第19号、2018年12月10日、pp.3-43
  • 明尾圭造 「近代大阪における四条派の評価について ―西山芳園・完瑛を中心に―」大阪商業大学商経学会編集・発行『大阪商業大学論集 第15巻第1号(通号191・192号合併号)』 2019年5月30日、pp.620-595