西尾久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西尾久美子
研究分野 組織論マーケティング論経営戦略論
影響を
受けた人物
金井壽宏
実績 伝統文化産業におけるキャリア形成と制度
テンプレートを表示

西尾 久美子(にしお くみこ)は、日本経営学者京都女子大学現代社会学部教授。神戸大学博士(経営学)。現代の京都花街研究の第一人者として知られる[1]

来歴・人物[編集]

京都市下京区にて老舗米穀商の家に生まれる。京都府立大学卒業後、大阪ガスに勤務。

退社後の1997年滋賀大学経済学部に社会人入学する。2001年3月同大学を卒業し、同年4月神戸大学大学院経営学研究科に進学。金井壽宏研究室に所属する。2006年に同研究科博士後期課程修了。「京都花街」を研究対象に選定しフィールドワークを主体として、博士論文「伝統文化産業におけるキャリア形成と制度―京都花街の芸舞妓の事例」[2]で博士(経営学)を取得した。この博士論文を元に『京都花街の経営学』を上梓。ビジネス書としては異例の販売部数を記録している。

同研究科助手、COE研究員を経て、2008年京都女子大学准教授。2013年4月より現職。専門は経営組織論経営戦略論

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]