西安碑林博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Xi'anviewpic9.jpg
Beilin xian 2.jpg

西安碑林博物館せいあんひりんはくぶつかん)とは、中国陝西省西安市にある博物館である。石碑墓碑金石文・墓誌銘・石彫刻を多数収蔵し、「中国最大の石造の書庫」とも称される[1]

沿革[編集]

唐代石碑を収蔵するため、1087年(北宋時代)に孔子廟跡に設立された西安碑林が母体である。唐の開成石径と石台孝経を保存するために設立された。1944年、西安孔子廟の古代建築物群を拡充し、西安碑林博物館として設立。1961年、国の重要文化財保護指定(全国重点文物保護単位)を受けた。

所蔵品[編集]

現在1万1000余点の文物が収蔵されており、国宝文物19点、1級文物272点がある。碑林には、1,000基程の石碑が、ほか北魏代の墓誌300余点などが展示されている。

文物[編集]

  • 展示室には,西周時代の青銅器が陳列されている。
  • 隋唐展示室には、隋の大興城平面図があり、これは唐の長安城のモデルとされた。
  • 蘇諒妻馬氏墓誌(蘇諒の妻である馬氏の墓誌。ペルシア文字が篆刻されている)[2]
  • 和同開宝銀貨
  • ローマの金貨
  • 壁画迎賓図

石刻[編集]

全部で70余点ある。

  • 後漢の双獣石刻。
  • 陝北の画像石。

西安碑林[編集]

  • 開成石経
唐文宗の開成二年(西暦837年)に作成。孝経・論語・詩経などが刻まれている。
  • 欧陽詢「皇甫誕碑」(唐代)
  • 虞世南「孔子廟堂碑」(唐代)
  • 懐仁集王羲之書「三蔵聖教序碑」(唐代)
  • 顔真卿「顔氏宗廟碑」(唐代)
  • 柳公権「玄秘塔碑」(唐代)
  • 張旭「断千字文」(唐代)
  • 懐素「草書千字文」(唐代)
  • 李陽冰「三墳記」(唐代)
  • 曹全碑(後漢時代)
  • 周易残石(後漢時代)
  • 宋淳化秘閣帖(清代に複刻)
  • 大秦景教流行中国碑(かつて長安に存在した大秦寺が建造したとされる。大秦寺は景教(中国に伝来したネストリウス派キリスト教)の寺院であった。)
  • 不空和尚碑
  • 中尼合文陀羅尼経幢

所在地・情報[編集]

  • 中国陝西省西安市三学街15号
  • 開館時間 8:30~18:00
  • 料金 75元(3月1日-11月30日) 50元(12月1日-来年2月末)

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 考古用語辞典
  2. ^ 中国文化研究院所蔵画像

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度15分18秒 東経108度56分53秒 / 北緯34.254902度 東経108.948176度 / 34.254902; 108.948176