西大立目永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西大立目 永(にしおおたちめ ひさし、1936年7月10日 - 2002年12月16日)は、東京都武蔵野市出身のアマチュア野球選手、審判員早稲田大学名誉教授

人物[編集]

現役選手時代は一塁手投手。高校野球の審判を務めた際は珍名と長名であるため、実況のアナウンサーは名を読みあげる際一呼吸置いてから読み上げ、また「にしおおだちめ」と誤読されることもあった。

経歴[編集]

早稲田大学高等学院から早稲田大学政治経済学部に進学。1966年に稲門倶楽部(早稲田大学野球部OB会)の推薦を受け、東京六大学野球審判員に就任(~1986年)、翌1967年には社会人野球協会(現 日本野球連盟)全国大会審判委員、1968年には日本高等学校野球連盟全国大会審判委員に就任した。早稲田大学では主にソフトボールの講義を担当した。大変礼儀に厳しく、容赦なく学生に「不可」を言い渡す教授であった。

1986年、50歳で審判員を引退し後進の指導に専念。東京六大学野球連盟審判技術顧問のほか、日本アマチュア野球規則委員会委員長、日本野球規則委員会委員長、全日本野球会議審判技術委員会委員長などを歴任したが、2002年12月16日、胃癌の為逝去。享年66。

著書に『必携 野球の審判法』(大修館書店2008年新版発売)、『野球教室』(石井藤吉郎・佐藤千春共著。大修館書店)などがある。

エピソード[編集]

西大立目は1985年の東海大山形PL学園で、20点以上のリードで9回に投手として登板した清原和博が相手打者に対して初球をカーブで投じたことに対し「真ん中、まっすぐ放りなさい!」と清原に直接発したと言うエピソードが残されている[1]

主な審判試合[編集]

1980年代中盤には畠山準水野雄仁らを擁する池田高校と、桑田真澄清原和博立浪和義らが所属するPL学園が高校野球史上に残るチームであったため必然的に「名勝負」に関与する回数が多かった。没後、高校野球の名勝負を数多く体験した審判として朝日新聞の「追悼」の記事に掲載された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「まっすぐ放れ」清原を一喝した名審判(デイリースポーツオンライン 2015年5月19日発信、2015年5月20日閲覧)

関連項目[編集]