西園寺氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西園寺氏
家紋
本姓 藤原北家閑院流西園寺支流[1]
家祖 西園寺公良[2]
種別 武家
出身地 山城国
主な根拠地 伊予国宇和郡[2]
凡例 / Category:日本の氏族

西園寺氏(さいおんじし)は、日本の氏族のひとつ。中世に伊予西部を領有した戦国大名の氏族[2]本姓藤原氏家系閑院流西園寺家の支流にあたる。

伊予西園寺氏[編集]

伊予の西園寺氏は、室町時代から戦国時代にかけて伊予国南西部の宇和郡一帯(愛媛県西予市周辺)に勢力を持った武家である[2]

宇和地方は鎌倉時代中期の西園寺公経のときに西園寺家によってほとんど横領に近い形で所領とされ、自己の荘園とした。鎌倉幕府滅亡から南北朝分立に至る動乱と西園寺本家断絶の混乱の中で、西園寺家庶流西園寺公良が宇和郡に入り、在地の土豪を支配下に組み入れて領国支配を開始する。

戦国時代に入ると、伊予東部の河野氏や、土佐一条氏九州豊後大友氏の侵攻に遭って次第に衰退していった。1584年天正12年)、長宗我部元親の侵攻に遭って当主西園寺公広長宗我部氏に降る。そして1585年(天正13年)、長宗我部氏が豊臣秀吉四国侵攻に遭って本国土佐を除く3国を没収されると今度は豊臣氏に降伏することになるが、宇和には新領主として戸田勝隆が封じられ、1587年(天正15年)に公広が戸田勝隆に殺害されるに及んで伊予西園寺氏は滅亡した。

ちなみに伊予西園寺氏に仕えていた土居清良が書いたとされる軍記物『清良記』(巻七「親民鑑月集」は日本最古の農書とされている)には同氏に関する記述がある。

現在も西予市の隣、八幡浜市日土町の一部地域に西園寺氏一族の末裔と見られる家々がある。


系図[編集]

実線は実子、点線は養子。
藤原師輔
 
 
 
(8代略)
 
 
 
西園寺公経
 
 
 
(4代略)
 
 
 
実衡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公宗 公重 公良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西園寺家 実長 公俊
 
 
 
実房
 
 
 
公利
 
 
 
公季
 
 
 
公家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実充 公宣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公高 公次 公広 宣久 黒瀬公義

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太田 1934, p. 2429.
  2. ^ a b c d 太田 1934, p. 2432.

参考文献[編集]

関連項目[編集]