西四辻公敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西四辻 公敬(にしよつつじ きみよし[1]1916年大正5年)7月17日[1] - 1991年平成3年)1月9日[1])は、滋賀プラスチックス[2]創業者・代表取締役[3]スケベ椅子の開発者として知られる[4]

経歴[編集]

子爵西四辻公堯貴族院議員)の三男[1][3]。次兄に冷泉為任がいる[3]

1964年から[2]ソープランドバスタブで日本一のメーカーである滋賀プラスチックスを経営[3]雄琴のソープランド49軒のバスタブは全て滋賀プラスチックスの製品であり、日本全国では80パーセントのシェアを持つ[3]東京都パレスホテルヒルトンホテルホテルニューオータニホテルオークラ大阪ロイヤルホテルなど一流ホテルのスチームバスは全て同社の製品で占められている他、クレムリン宮殿のサウナやアメリカ海軍第7艦隊の船内サウナも同社の製品である[5]小佐野賢治児玉誉士夫川上哲治の自宅のスチームバスも同社の製品という[5]。同社はまた、金粉風呂も製造していた[2]1987年、滋賀プラスチックスを廃業[2]

甥(実姉の息子)に川本三郎がいる[1][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』下巻、325頁。
  2. ^ a b c d 〈業界史の断面・特別編〉レジャー・ラブホテルにおける バスタブ・バスルームの歴史を語る (日本語)
  3. ^ a b c d e 佐野眞一『新忘れられた日本人』p.96
  4. ^ a b 佐野、p.98
  5. ^ a b 佐野、p.97

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 佐野眞一『新忘れられた日本人』毎日新聞社、2009年。

関連項目[編集]