西原健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西原 健一郎
Kenichiro Nishihara
KenichiroNishihara-Artist 125.jpg
基本情報
生誕 (1978-04-11) 1978年4月11日(40歳)
出身地 日本の旗 日本東京都文京区千駄木
ジャンル ニュージャズ
ヒップホップ
エレクトロニカ
職業 作曲家
選曲家
音楽プロデューサー
DJ
活動期間 1996年 -
レーベル unprivate acoustics

西原 健一郎(にしはら けんいちろう Kenichiro Nishihara、1978年4月11日 - )は、日本ミュージシャン作曲家編曲家選曲家音楽プロデューサーDJ。アンプライベート株式会社[1]代表

1996年よりファッションを中心に幅広い分野の音楽で選曲・作曲・プロデュースを手掛け、自身のアルバム『Humming Jazz』、『LIFE』と続き、2012年には3rd『Illuminus』を発表。

Folkloveシリーズや企業ブランドとのタイアップ企画、またコンピレーションへの楽曲提供やアーティストのプロデュースなど多岐にわたる作品・プロジェクトでも活躍。

別名義"ESNO"(エスノ)[2]のプロジェクトでは、ジャンルにとらわれない新たな音楽の可能性を追求し、2013年に女子高生ラッパーdaokoを迎えた最新シングル、ESNO「夕暮れパラレリズム feat. daoko」[3]を発表。

2014年には新レーベル『Jazcrafts』(ジャズクラフト)を自ら立ち上げる。『Jazcrafts』とは“クラフト(工芸品)のように音楽をつくる”がコンセプトになっている。

来歴[編集]

  • 高校2年生の時、藤原ヒロシのプロデュースするMILK BOYのファッション・ショーで音楽制作・ライブを行う。
  • 以降東京コレクション・パリコレクションなど国内外にて多岐にわたるショーやイベントで音楽ディレクションを担当しつつ、ウェブサイトやCMなどの音楽制作やサウンドインスタレーション、公共の報知音や環境音等の制作・プロデュースなど様々な分野にも音や音楽を提案提供を行なう。
  • 高校生の時から約8年間、アパレルブランド「ヤブ・ヤム」のショウのBGMとして制作していた音楽を1枚のCDにまとめて出すことになり、それをNujabesがたまたま聴いて気に入ったことから、ギネス・レコーズの前身のトライブにて販売することとなる[4]
  • 2007年にはアンプライベート株式会社を設立。
  • 2008年の春、テノーリオ・ジュニオールの「Nebulosa」のカバーを収録した7インチが渋谷・宇田川町界隈のレコード・ショップにて僅か2週間で限定の1000枚を完売し、話題となる。
  • それまでソロ名義のオリジナル作品の発表は無かったが、1st Album「Humming Jazz」(2008.12.19)をリリースするきっかけは、その半年ほど前に細野晴臣から「アルバム作った方がいいよ」とアドバイスをもらったことだと話している[5]
  • 「Nebulosa」のカバーを収録した1st Album「Humming Jazz」(2008.12.19)は異例のヒットを記録。
    • Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year 2009 / 優秀ジャズアーティスト賞にノミネートされる[6]
  • 2010年には2nd Album「LIFE」を発表。その洗礼された楽曲は、日本のみならず韓国の配信サイトにてJ-POPチャート1位も獲得する。また、FolkloveシリーズやウィスキーTALISKERのコンセプトアルバムなど精力的にリリースを続ける。
  • 2012年には3rd Album「Illuminus」、別名儀ESNOとして1st Album「Visionary」をリリース。
  • 2013年には女子高生ラッパーdaokoをフィーチャリングした1st Digital Single「夕暮れパラレリズム feat.daoko」をリリース。
    • カップリング曲は、KONAMIフットボールオールスターズ タイアップ曲の「Airy Batida」。
      • KONAMIフットボールオールスターズのキャンペーンで制作された、サッカーに首ったけな女の子による日常系リフティングムービー[7]は、「Zip」や「スッキリ」のテレビ番組に取りあげられるなど、注目を集めた。
  • 2015年には4th Album「Jazzy Folklore」をリリースし、iTunesジャズランキング、アルバム・ソング共に1位を獲得。

作品[編集]

『Kenichiro Nishihara』名義[編集]

  • 「Humming Jazz」(2008年12月19日、UPRC-1) - JAN 4518575732159。
  • 「LIFE」(2010年1月15日、UPRC-2) - JAN 4518575732784。
  • 「Rugged Mystic Jazz for TALISKER」(2010年12月15日、VICL-63698) - JAN 4988002604739。
  • 「Natural Relax presented by Folklove」(2011年9月7日、SCMD-1) - JAN 4580351345006。
  • 「Illuminus」(2012年12月21日、UPRC-10) - JAN 4571386450124。
  • 「Melancholic Jazz Moon BLK」Kenichiro Nishihara And The Jazcrafts名義(2013年5月15日、FAMC-91) - JAN 4935228130320。

『ESNO』名義[編集]

  • 「Visionary」(2012年9月5日、SCMD-20) - JAN 4562368532129。
  • 「夕暮れパラレリズム feat. daoko」(2013年7月31日) - シングル。

ミックスCD[編集]

  • 「Sound Remedy –Folklove- mixed by Kenichiro Nishihara」V.A.(2013年6月12日、SCMD-49) - JAN 4562368532419。
  • 「Jazzistic Mix」(2014年3月7日、FRCD-234) - JAN 4518575102341。

アーティスト、アルバムプロデュース作品[編集]

  • 「Celestial Beats selected by Kenichiro Nishihara」V.A.(2011年5月13日、UPRC-8) - JAN 4571386450070。
  • 「Sweet Swing for HERSHEY’S」Sweet Swing(2011年10月19日、SCMD-2) - JAN 4580351345013。
  • 「Cosmology」Tamala(2011年12月21日、SCMD-5) - JAN 4580351345068。
  • 「Folklove –Heartbeat Suite-」V.A.(2012年4月11日、SCMD-10) - JAN 4562368532013。
  • 「TOKYO CAFÉ FREAK -Jazz Flavor-」TOKYO CAFÉ FREAK(2012年5月30日、SCMD-12) - JAN 4562368532037。
  • 「FIRST IMPRESSIONS」FIRST IMPRESSIONS(2013年1月16日、SCMD-30) - JAN 4562368532228。
  • 「Relax and Smooth presented by Folklove」 re:plus(2013年1月23日、SCMD-31) - JAN 4562368532235。
  • 「Trace The Roots」DJ Ryow a.k.a. Smooth Current(2014年7月25日、UPRC-13) - JAN 4571386450254。

リミックス[編集]

その他、参加作品[編集]

  • DJちえみ 「MOA MOA LOVE - EP」収録曲 "Love Calculator feat. acharu&TAKUMA THE GREAT"/作編曲
  • BRON-K 「松風」収録曲 ”ムカエニイクヨ”/作編曲
  • lyrical school アルバム「SPOT」収録曲 ”CAR”/作編曲
  • 963 デビュー曲 "夢?幻?ドロップス"/作編曲

脚注[編集]

出典[編集]

インタビュー[編集]

外部リンク[編集]