褰帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

褰帳(けんちょう)は、即位朝賀など大礼の時に高御座御帳を褰げ開くこと、またはその役の女官のことで褰帳命婦の略である。帳上げ(とばりあげ)ともいう。

概要[編集]

「内裏式」には、「褰帳命婦二人、内親王以下三位已上為之、若無者王氏四位五位亦得」とある。のち神祇伯の王氏の女性に定まり、褰帳の女王といった。

当日、諸員着席ののち、褰帳1人ずつ左右に分かれ、北面東西の戸からはいって着座、天皇の高御座着座ののち、執翳女嬬が左右おのおの9人が御前に進んで翳を奉じると、褰帳命婦が東西の階を昇り、高御座の帳を褰げる。その褰げ方は高御座の南方の一間のみを褰げ、女官が内から助けて針で端を留め、八の字形に開いた。式の終った時もまた執翳女嬬が翳を奉じたのち、進んで帳を垂れ、そののち、天皇は後房に帰りはいった。

歴代褰帳命婦[編集]

始めは女王二名をあてていたが、後には典侍一名、女王一名となった。

天皇
 醍醐天皇  姣子女王
 朱雀天皇  明子女王(元良親王の娘)   研子女王(克明親王の娘) 
 村上天皇  馨子女王(有明親王の娘)  麗子女王(重明親王の娘)
 冷泉天皇  典侍大江皎子(大江維時の娘)  平子女王(元利親王の娘)
 円融天皇  藤原貴子(藤原守義の娘)  亭子女王
 花山天皇  明子女王(源高明の娘)  慶子女王(章明親王の娘)
 一条天皇  良子女王(佐頼王の娘)  典侍藤原貴子(藤原守義の娘)
 三条天皇  藤原芳子(神祇伯秀頼王の娘)  典侍橘清子
 後一条天皇  神祇伯季頼王の娘  一品宮々君(章明親王の娘)
 後朱雀天皇  典侍藤原高子(藤原近信の娘)  長子女王
 後冷泉天皇  典侍藤原頼子(藤原頼親の娘)  永子女王(清仁親王の娘)
 後三条天皇  典侍藤原行子(藤原実経の娘)  小一条院女王
 白河天皇  典侍藤原経子(藤原経平の娘)  小一条院女王
 堀河天皇  典侍藤原兼子(藤原顕綱の娘)  居子女王(敦賢親王の娘)
 鳥羽天皇  典侍藤原長子藤原顕綱の娘)  源仁子(康資王の娘)
 崇徳天皇  典侍藤原宗子(藤原隆宗の娘)  仁子女王(輔仁親王の娘)
 近衛天皇  典侍藤原家子(藤原家政の娘)  敞子女王
 後白河天皇  典侍源重子(顕子)(源公里の娘)  顕子女王(神祇伯顕広王の娘)
 二条天皇  典侍源重子(藤原光保の娘)  源有子(源有仁の娘)
 六条天皇  典侍藤原邦子(藤原邦綱の娘)  信子女王(神祇伯顕広王の娘)
 高倉天皇  典侍藤原綱子(藤原邦綱の娘)  延子女王(顕行王の娘)
 安徳天皇  典侍藤原輔子  仲子女王(神祇伯顕広王の娘)
 後鳥羽天皇  典侍高階愷子(高階清章の娘)  広子女王(神祇伯仲資王の娘)
 土御門天皇  典侍藤原家子  清子女王(神祇伯仲資王の娘)
 順徳天皇  典侍藤原氏  業子女王(神祇伯仲資王の娘)
 後堀河天皇  典侍 某  康子女王(寧子女王)(神祇伯仲資王の娘)
 四条天皇  不明  宗子女王(神祇伯資宗王の娘)
 後嵯峨天皇  不明  経子女王(神祇伯資基王の娘)
 後深草天皇  典侍藤原近子(四条隆親の娘)  吉子女王(神祇伯資宗王の娘)
 亀山天皇  典侍藤原近子  登子女王(神祇伯資基王の娘)
 後宇多天皇  典侍平業子  幸子女王(神祇伯資基王の娘)
 伏見天皇  典侍藤原隆子  典侍登子女王(神祇伯資基王の娘)
 後伏見天皇  典侍(権中納言俊宣の娘)  仲子女王(神祇伯資緒王の娘)
 後二条天皇  典侍藤原経子  載子女王(神祇伯業顕王の娘)
 花園天皇  典侍藤原為子(京極為教の娘)  通子女王(神祇伯資通王の娘)
 後醍醐天皇  典侍藤原氏(甘露寺定房の娘)  瑃子女王(神祇伯業顕王の娘)
 光厳天皇  典侍藤原名子日野資名の娘)  資子女王(神祇伯業顕王の娘)
 光明天皇  典侍藤原氏  資子女王(神祇伯業顕王の娘)
 崇光天皇  典侍藤原慶子  継子女王(神祇伯資継王の娘)
 後光厳天皇  典侍藤原宣子  治子女王(神祇伯業清王の娘)
 後円融天皇  典侍(神祇伯顕邦王の娘)  某女王

参考文献[編集]