裏モノJAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

裏モノJAPAN(うらものジャパン)は、株式会社鉄人社が発行する月刊誌。発売は毎月24日。世の中のアンダーグランドな世界・世間の裏ネタ、業界裏ネタに暴露情報を中心に、アダルト系の巻頭グラビアカラーページなどで構成する。

三才ブックスからの独立[編集]

1990年代前半、三才ブックスから「裏モノの本」というムック本のシリーズが発売されていた。この本を担当していたのは、同社の「ムック班」と呼ばれる部署であった。当時の編集長は尾形誠規、副編集長は木村訓子。この部署は元々、ラジオ番組の情報誌「ラジオパラダイス」を刊行したチームであったが、同誌の休刊後に名称変更されたものである。 1998年に最初に取締役営業部長だった稲村貴が三才ブックスを退社。もともと社長の方針により、その年のムック班には夏のボーナスを与えないという強硬路線に出たので[要出典]、尾形や木村を始めとするムック班のほぼ全員が退社せざるを得ない状況に追い込まれた。そして、稲村を代表取締役とする「鉄人社」を設立した。

当初、1998年12月に「裏モノマガジン」という名称で月刊誌を創刊したが、「モノ・マガジン」を発行するワールドフォトプレスから誌名の類似に関するクレームがつき、すぐに現在の「裏モノJAPAN」に変更され、現在に至る。

  • 創刊 - 1998年10月24日
  • 判型 - A5サイズ

雑誌の特徴[編集]

当初は、三才ブックスの裏モノの本と同種で常識の裏を紹介するような本のつくりであったが、次第に風俗などの話題が多くなった。出会い系実践ルポ、業界の裏側ネタ、裏ビジネス、新風俗レポなど日本の裏側の見せるような記事がみられる。

過去には競輪八百長疑惑記事をめぐって日本自転車振興会(現・JKA)から抗議を受けている[いつ?]。また、2010年5月号の記事でからコミュニティサイトでの大量のスパムメールと発生し問題となっている。[要出典]

また創刊当時より北尾トロが本の趣とはことなった連載を長期にわたってしていたり、旅系ルポ(例えば無銭旅行、海外風俗旅行、あいりん地区への住み込み)など体当たりの企画もみられる。

連載記事[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]