袁鴻祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
袁鴻祐
No image available.svg
プロフィール
出生: 1841年道光21年)[1]
死去: 1912年民国元年)5月7日
中華民国の旗 中華民国(北京政府)新疆省
出身地: 安徽省泗州[2]
職業: 政治家
各種表記
繁体字 袁鴻祐
簡体字 袁鸿佑
拼音 Yuán Hóngyòu
注音二式 Yuán Hóngyòu
和名表記: えん こうゆう
発音転記: ユエン ホンヨウ
ラテン字 Yüan Hung-you
テンプレートを表示

袁 鴻祐(えん こうゆう)は清末の政治家。樵蓀[2]

事績[編集]

清朝最末期の新疆巡撫袁大化の下でカシュガル道台を務めた。1912年民国元年)、袁大化は北京政府から新疆都督に任命された。しかし、イリ革命党の蜂起により省内を統制できず、同年4月、袁大化は袁鴻祐を後任の都督に推薦した。ところが袁鴻祐は、正式着任前の5月7日に哥老会の刺客により暗殺されてしまう。袁大化は、新疆提法使楊増新を代わりに推薦すると、新疆から逃亡した。[3]

[編集]

  1. ^ 『新疆文史資料精選』第4辑、新疆人民出版社、1998年、28頁。
  2. ^ a b 銭実甫編『北洋政府職官年表』華東師範大学出版社、1991年。
  3. ^ 陳(2000)、114頁。

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国(北京政府)北京政府
先代:
袁大化
新疆都督(就任せず)
1912年4月 - 5月
次代:
楊増新