袁泌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

袁 泌(えん ひつ、510年 - 567年)は、南朝梁からにかけての人物。は文洋。本貫陳郡陽夏県

経歴[編集]

袁昂袁顗の子)の子として生まれた。梁の員外散騎侍郎を初任とし、諸王の府佐を歴任した。548年太清2年)、侯景の乱が起こると、袁泌は皇太子蕭綱の下で東宮領直となり、呉中におもむいて兵士を召募した。侯景建康を包囲すると、袁泌は集めた兵を率いて救援におもむいた。549年(太清3年)、建康が陥落すると、東陽に撤退した。侯景の兵の追撃を受け、会稽の東嶺から湓城に出て、鄱陽嗣王蕭範を頼った。蕭範が死去すると、袁泌は侯景に降った。

侯景の乱が平定されると、袁泌は王僧弁の推挙を受けて富春郡太守となり、丹陽尹を兼ねた。555年承聖4年)、貞陽侯蕭淵明が帝を称すると、袁泌は侍中となり、北斉に対する使者をつとめた。557年永定元年)、王琳郢州に拠って陳霸先に抵抗していた。袁泌は北斉より梁の永嘉王蕭荘を迎えて王琳のもとに送り、蕭荘を立てさせた。袁泌は侍中・丞相長史となった。561年天嘉2年)、袁泌は王琳とともに柵口に到達したが、王琳の軍は陳軍に敗れた。袁泌は蕭荘を劉仲威に託して北斉に入国させ、自身は陳に投降した。

寧遠始興王府法曹参軍に任じられ、諮議参軍に転じた。通直散騎常侍の位を受け、侍中を兼ね、豫州大中正をつとめた。北周に対する使者をつとめて、帰国すると散騎常侍の位を受け、御史中丞に任じられた。566年天康元年)、廃帝が即位すると、袁泌は雲旗将軍・司徒左長史となった。567年光大元年)、死去した。享年は58。贈諡を受けないよう遺言したが、陳の朝廷に聞きとどけられず、金紫光禄大夫の位を追贈され、を質といった。

子女[編集]

  • 袁蔓華(名は芳華とも)

伝記資料[編集]