袁峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

袁 峻(えん しゅん、生没年不詳)は、南朝梁官僚文人は孝高。本貫陳郡陽夏県

経歴[編集]

袁淑袁豹の子)の子として生まれた。三国時代の郎中令袁渙の七世孫にあたる。早くに父を失い、志に篤く学問を好んだ。家が貧しく書物がなかったため、人に借りては書き写し、日に紙50枚を自らに課し、紙数に達しないと、休息もしなかった。喋り言葉は下手であったが、文章を書くのは巧みだった。

501年中興元年)、蕭衍建康を占領すると、その弟の蕭恢が東方の破岡に駐屯し、袁峻は蕭恢に従って書記の事務を管掌した。502年天監元年)、蕭恢が鄱陽王となると、袁峻は鄱陽国侍郎となり、京口に駐屯した。505年(天監4年)、蕭恢が郢州刺史に転じると、袁峻は都曹参軍を兼ねた。

507年(天監6年)、揚雄の官箴に倣った辞賦を献上し、武帝(蕭衍)の賞賛を受けた。員外散騎侍郎に任じられ、文徳殿の学士省に宿直した。『史記』や『漢書』を抜き書きして、おのおの20巻にまとめた。陸倕とともに新たな宮城の門に刻む銘文を作った。

伝記資料[編集]