袁家軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
袁 家軍
生年月日 1962年9月(59 - 60歳)
出生地 中華人民共和国の旗 中国 吉林省通化市
出身校 北京航空航天大学
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党

中国共産党の旗 中国共産党浙江省委員会書記
在任期間 2020年9月1日 -

在任期間 2017年7月7日 - 2020年9月3日

中国共産党の旗 中国共産党浙江省委員会政治法委員会書記
在任期間 2016年11月 - 2017年7月

中国共産党の旗 中国共産党浙江省委員会専職副書記
在任期間 2016年11月 - 2017年4月

中華人民共和国の旗 浙江省人民政府常務副省長
在任期間 2014年8月 - 2016年11月

その他の職歴
中華人民共和国の旗 寧夏回族自治区人民政府常務副主席
2013年4月 - 2014年8月)
テンプレートを表示
袁家軍
各種表記
繁体字 袁家軍
簡体字 袁家军
拼音 Yuán Jiājūn
和名表記: えん かぐん
テンプレートを表示

袁 家軍(えん かぐん、1962年9月 - )は、中華人民共和国の官僚、政治家、元航空技術者。吉林省通化市出身。現職は浙江省人民政府党委書記。

経歴[編集]

1962年9月、吉林省通化市で生まれる。1984年7月北京航空航天大学にて宇宙飛行機の設計で修士の学位取得。1987年7月からは中華人民共和国航天工業部中国語版の助技師、技師、五院副院長、党委副書記などを務める。2003年10月、中国初の有人宇宙船神舟5号の発射現場総指揮として中国の名アナウンサー白岩松の取材を受けた。

2012年3月、党務に転じて寧夏回族自治区に赴任し、寧夏回族自治区寧東能源化工基地党委員会書記、主任に就任した。翌年1月には寧夏回族自治区人民政府常務副主席を兼任。

2014年8月、浙江省常務副省長、党組副書記に転出[1]。2016年11月、浙江省党委副書記、中国共産党浙江省委員会政治法委員会書記に就任し、浙江省副省長を退く。第12期浙江省人民代表大会常務委員会は2017年4月28日の第40回会議で、車俊省長の辞任届を受理し、袁家軍を副省長兼省長代行に任命することを決定した[2]。同年7月に中国共産党浙江省委員会政治法委員会書記を退任した[3]。2020年9月1日、浙江省党委書記に任命[4]

出典[編集]

党職
先代
趙小平中国語版
寧東能源化工基地党工委書記
2012年3月-2014年8月
次代
張超超
先代
王輝忠中国語版
中国共産党浙江省委員会専職副書記
2016年11月-2017年4月
次代
唐一軍
中国共産党浙江省委員会政治法委員会書記
2016年11月-2017年7月
次代
徐加愛中国語版
先代
車俊
中国共産党浙江省委員会書記
2020年9月
現職
官職
先代
劉慧中国語版
寧夏回族自治区人民政府常務副主席
2013年4月-2014年8月
次代
張超超中国語版
先代
蔡奇
浙江省人民政府常務副省長
2014年8月-2016年11月
次代
馮飛
先代
車俊
浙江省人民政府省長
2017年4月-
次代
鄭柵潔