出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
紅梅色の衵を着た女性(斎宮歴史博物館

(あこめ。「衵」と書くこともある)は、装束で使われる内着の一種。正式名称は袙衣(あこめぎぬ)と言い、肌着と表着の間に「相籠めて」着ることから、その名があるという。

男性が束帯装束に着用するもので(明治以降は皇族のみ着用)、例外的に宮中に仕える少女が成人用のの代用として複数枚用いた。

特に、砧打ちや板引などの加工を施した袙を「打衣」(うちぎぬ)と呼ぶ。

形状[編集]

身頃は着物の原則に従い二幅で、垂領(現在の着物と同じ前で打ち合わせるタイプ)、袖は広袖と言って袖口が広く、などと違って布一幅分(袍などは一幅半)である。

脇は縫っておらず(少女用のものは脇を縫う)腰までの丈で、材質は平絹か綾の紅色のものを用いて袷仕立てにする。

ただし、夏場は寒暖調節のために「ひへぎ」と言って裏地をはいだり、冬は綿入れ仕立てにすることもあった。 男子のものは紅を本来とするが、年齢により「染袙」と称して萌黄・蘇芳・薄色などを用いた。また、少女が着用する場合はに準じて襲の色目を構成した。