行者塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
行者塚古墳
Gyojazuka Kofun, funkyu-1.jpg
墳丘
(左に後円部、右に前方部、中央に西造出)
別名 調子塚
所属 西条古墳群
所在地 兵庫県加古川市山手2丁目
位置 北緯34度46分54.95秒 東経134度53分18.10秒 / 北緯34.7819306度 東経134.8883611度 / 34.7819306; 134.8883611座標: 北緯34度46分54.95秒 東経134度53分18.10秒 / 北緯34.7819306度 東経134.8883611度 / 34.7819306; 134.8883611
形状 前方後円墳
規模 墳丘長99m
埋葬施設 後円部:粘土槨3基
北東造出:粘土槨1基
出土品 鉄製品・青銅製品・埴輪
築造時期 4世紀末-5世紀初頭
史跡 国の史跡「西条古墳群」に包含
地図
行者塚古墳の位置(兵庫県内)
行者塚古墳
行者塚古墳
テンプレートを表示

行者塚古墳(ぎょうじゃづかこふん)は、兵庫県加古川市山手にある古墳。形状は前方後円墳西条古墳群(国の史跡)を構成する古墳の1つ。

概要[編集]

兵庫県南部、印南野台地から北に延びる細長い段丘上に築造された大型前方後円墳である。1995-1996年平成7-8年)に発掘調査が実施されている。

墳形は前方後円形で、前方部を南西方向に向ける。墳丘は3段築成[1]。墳丘長は99メートルを測り、加古川市内では最大、播磨地方でも有数の規模になる[2]。墳丘表面では竜山石を主とする葺石のほか、円筒埴輪列(朝顔形埴輪含む)が認められる。また造出が墳丘くびれ部の左右2ヶ所、後円部の2ヶ所の合計4ヶ所認められる。くびれ部西の造出では全面調査によって形象埴輪・土製模造品の配列が明らかとなっているほか、後円部北東の造出では粘土槨1基が検出されている。墳丘周囲には周濠・外堤が巡らされるほか、後円部側では外堤の外側に外周濠が巡らされる。主体部の埋葬施設は後円部中央における粘土槨3基で、いずれも未調査である。粘土槨のそばでは副葬品箱2基が検出されており、それらの中から金銅製透彫帯金具・轡・鋳造鉄斧・筒状青銅製品・鉄製武器・鉄製工具・鉄鋌・鉄床・鉄鍑・巴形銅器などの鉄製品・青銅製品が出土している。

この行者塚古墳は、古墳時代中期の4世紀末葉-5世紀初頭頃[2](または4世紀末葉頃[1]、5世紀前半頃[3])の築造と推定される。畿内最古級の馬具の出土や朝鮮半島・中国との交流を示す副葬品の出土で注目されるともに、くびれ部西の造出の全面調査によって造出での古墳祭祀を明らかとするうえで重要視される古墳になる[1]

古墳域は1973年昭和48年)に国の史跡に指定された(史跡「西条古墳群」のうち)[4]。現在では史跡整備のうえで公開されている。

来歴[編集]

構造[編集]

くびれ部西造出
手前の埴輪列が食い違い、入口部を形成する。
くびれ部西造出の形象埴輪(復元)

古墳の規模は次の通り[1]

  • 墳丘長:99メートル
  • 後円部 - 3段築成。
    • 直径:68メートル
  • 前方部 - 3段築成。
    • 幅:55メートル
  • 造出
    • くびれ部西:長さ約14メートル、幅9メートル[3]
    • くびれ部東:長さ13メートル、幅7.3メートル[3]
    • 後円部北西:長さ11.5メートル、幅9メートル、高さ約1メートル[3]
    • 後円部北東:長さ12.5メートル、幅8.5メートル、高さ約1メートル[3]

墳丘の1段目・2段目は高さ約1.6メートルを測るが、3段目は約6.1メートルと飛び抜けて高い構造になる[3]

造出4ヶ所はいずれも長方形であるが規模は異なり、そのうちくびれ部西側の造出では全面的な発掘調査が実施されている。調査によれば、円筒埴輪を方形に並べて区画し、墳丘側では列を食い違いにして入口部とする。区画内側では家形埴輪が8個体以上が検出されたほか、小型土師器(壺・高坏・笊形土器など)と魚・鳥・アケビ状・ヒシの実・切り身状の食物土製模造品が検出されている。また造出と後円部墳丘との谷間には、円礫を敷いた上に囲形埴輪が置かれる[3][2]

くびれ部東側の造出では、くびれ部西側の造出と同様に後円部墳丘との谷間に円礫を敷いた上に囲形埴輪が置かれ、囲形埴輪の中には家形埴輪が置かれる[1]。また後円部北東の造出では中央に粘土槨の埋葬が認められる[1]

墳丘周囲の周濠は幅約14メートルを測り、その外側の外堤は幅5-6メートルを測る[3]。また後円部側では外堤の外側に外周濠が巡らされており、幅約8メートルを測る[3]

埋葬施設[編集]

後円部墳頂

主体部の埋葬施設としては、後円部墳頂の東西7メートル・南北10メートルの方形墓壙の中において、粘土槨3基が構築されている[1]。3基はいずれも主軸を墳丘主軸と平行方向とするが、いずれも未調査である[1]。中央粘土槨・西粘土槨の間と、西粘土槨の西側の2ヶ所では副葬品箱が検出されており、中央副葬品箱からは金銅製透彫帯金具・轡・鋳造鉄斧・筒状青銅製品などが、西副葬品箱からは鉄製武器・鉄製工具・鉄鋌・鉄床・鉄鍑・巴形銅器などが検出されている[1]。これらの副葬品は、朝鮮半島・中国との交流を示すものとして注目される[1]

また前述のように、後円部北東の造出においても粘土槨1基が確認されている[1]

関連施設[編集]

  • 加古川市総合文化センター博物館(加古川市平岡町新在家) - 行者塚古墳の出土品等を保管・展示。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

(記事執筆に使用した文献)

  • 史跡説明板
  • 地方自治体発行
  • 事典類
    • 大塚初重「西条古墳群」 『日本古墳大辞典東京堂出版、1989年。ISBN 4490102607 
    • 菱田哲郎「行者塚古墳」 『続 日本古墳大辞典東京堂出版、2002年。ISBN 4490105991 
    • 「西条古墳群」 『日本歴史地名大系 29 兵庫県の地名』平凡社、1999年。 
    • 西条古墳群」 『国指定史跡ガイド』講談社  - リンクは朝日新聞社コトバンク」。

関連文献[編集]

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 『行者塚古墳発掘調査概報(加古川市文化財調査報告15)』加古川市教育委員会、1997年。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]