行地社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

行地社(こうちしゃ)は戦前に大川周明が主宰した国家主義団体。

概要[編集]

1923年猶存社の解散後、北一輝の「日本改造法案大綱」の思想を継承するべく、1924年4月、当時の東京市南青山で創立された。「行地」の名称は「則天行地」」(天に則り地に行はん)に拠るという。やがて社会教育研究所を設立し、1924年1月には月刊「日本精神研究」(社会教育研究所)を発刊し日本主義大アジア主義思想を鼓舞して1925年8月には大阪行地社をも設立した。他にも京都をはじめ主要都市に支部を設立した。また東京帝国大学京都帝国大学内に学生行地社を設けた。

1925年4月には綱領を掲げ、機関誌「日本」を刊行。1925年7月号(4号)には大川の作詞した社歌「則天行地」も当初は満川亀太郎笠木良明安岡正篤西田税、等の猶存社の主要メンバーが集まった。この陣容のため当時は最有力の国家主義団体とされた。

1925年安田生命争議宮内省怪文書事件を機に大川派と北派との対立が表面化し、分裂した。西田税と満川亀太郎は脱退して北の傘下に入り、安岡正篤は金鶏学院の設立に向かい、綾川武治中谷武世上杉慎吉門下の天野辰夫と結び、笠木は南満州鉄道大連本社に行った。社内には大川周明の他は狩野敏らのみが残った。北・大川両派の分裂により、陸軍内の尉官級青年将校は北派に、佐官級少壮将校は大川派に結びついていった。

大川は旧知の人脈によって大日本帝国陸軍の中心部、特に参謀本部の中堅将校に積極的に働きかけ、板垣征四郎橋本欣五郎花谷正らが講演・寄稿によって参加した。また多くの青年将校を「月刊日本」の読者として獲得し、大日本帝国陸軍内に思想的影響を与えた。

狩野敏は他の急進派団体との連携を画策し、1931年には「全日本愛国者共同闘争委員会」の結成に至ったが、1932年2月に大川が神武会を結成したのに伴って行地社は解消した。

関連項目[編集]