衆議院議員任期延長ニ関スル法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
衆議院議員任期延長ニ関スル法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和16年法律第4号
効力 廃止
種類 公法
主な内容 衆議院議員の任期の臨時の延長
テンプレートを表示

衆議院議員任期延長ニ関スル法律(しゅうぎいん ぎいん にんき えんちょうニ かんスル ほうりつ)は、衆議院議員任期を臨時に延長すること定めた法律。昭和16年法律第4号、1954年廃止。

4年の衆議院議員の任期を現任の衆議院議員に限って1年間延長することを定めた法律で、1941年(昭和16年)2月24日に公布され即日施行された[1]。この法律が制定された当時は、4年前の1937年(昭和12年)4月30日に行われた第20回総選挙で選ばれた議員の任期満了が目前に迫った状態にあり、時の第二次近衛内閣は「現下の情勢は困難であり民心を選挙に集中させることを許さない」という理由で、翌年の3月31日までに任期満期となる府県会議員と市町村会議員の任期についてもこれを延長する法案を同時に提出、いずれも原案どおリ可決された[2]

この法律により任期が1年間延長された衆議院議員は、それが満了となる1942年(昭和17年)4月30日まで、都合5年間の任期を務めることになった。またこれを受けて同日行われた第21回総選挙(翼賛選挙)で衆議院議員が改選され、この法律が対象とする議員がいなくなったため、以後この法律は事実上無効化したが、時限立法として書かれた法律ではなかったために、1954年(昭和29年)5月1日に公布され即日施行された「自治庁関係法令の整理に関する法律」により廃止されるまで、法律としては存続した。

なお日本国憲法はその45条で衆議院議員の任期を4年と定めているため、今日では法律の改正をもって衆議院議員の任期を延長することはできない。

参考文献・外部リンク[編集]

関連項目[編集]