血の土曜日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
廃墟となった上海の上海南駅(当時)で赤ん坊が泣いている有名な写真。1937年の8月28日の空襲後に撮影された。

血の土曜日は1937年の9月から10月にかけて、1か月以内に1億人以上の人が見た有名な白黒写真である[1]。 廃墟となった上海南駅[2]で泣き叫ぶ赤ん坊を撮ったこの写真は、日中戦争において戦争の悲惨さを表す象徴として知られる。この写真は、第二次上海事変中に日本軍の市民に対する空襲の数分後に、ハースト・コーポレーションのジャーナリスト王小亭によって撮られた。 この母親の死体のそばで泣く赤ん坊は、名前はおろか、性別すら不明のままである。 この写真は、もっとも人々に記憶された戦争の映像報道の一つであり、そしておそらく最も欧米に日中戦争中の日本軍の残虐さを伝えた1930年代のニュース映画の一つでもある[3][4]。 王小亭は彼の所有していたアイモで報道映像を撮り、さらにライカで写真を撮影した。この写真は “母を亡くした中国の赤ん坊[5]、“中国の赤ちゃん”、または“上海の駅の赤ん坊[6]とも呼ばれる。この写真は演出されたものだという主張も存在する[7]

写真の撮影[編集]

日中戦争の一コマの第二次上海事変において、日本軍は中国最大の都市上海を攻撃した。王小亭や他の映像報道人(ハリソン・フォーマンやジョージ・カラシコフなど)は、戦争の惨状をカメラに収めていた[8]。 王小亭は上海でカメラ店を経営していた中国人である。

[8][9] 国民革命軍が上海市から撤退してから、1937年の8月28日の午後2時に大日本帝国海軍が上海を空爆する予定である、との情報を知った王らジャーナリスト達は、空襲を映像に収めるためにスワイヤーのビルに集まった。

午後3時、飛行機が来る様子がなかったので王を除くジャーナリストは撤退した。午後4時、16機の日本軍の飛行機が来襲し、空襲によって上海南駅で杭州行きの列車を待っていた市民たちが多く死傷した[10]。王小亭は急いで彼の車で廃墟となった上海南駅に駆け付けた。彼が駅についたときの惨状と混乱を、彼はこう語っている。

「それはひどいありさまでした。線路やプラットホームに死んだ人、傷ついた人がそこら中横たわっていて、何人かは起きようと努力していました。私の仕事だけが見たものを忘れさせてくれました。ふと、私の靴が血で浸されているのに気付き、私はカメラの装填をやめました。線路まで歩いていき、頭上の燃えている橋を背景に写真を撮りました。そこで線路から赤ん坊を救出してプラットホームに運んでいる男性を見つけました。彼は赤ん坊を置いた後、別の傷ついた子供を助けに行きました。赤ん坊の母親は横で死体になっていました。私は赤ん坊を安全なところへ運ぶために走って行きましたが、そのとき赤ん坊の父親が帰ってきました。爆撃機が頭上を横切りました。爆弾は落ちてきませんでした。」[11]

やけどを負い、けがをして泣く赤ん坊の名前も性別も、この後生き残ったのかも不明のままである[5]。 次の日の朝、王はチャイナ・プレスにフィルムを持っていき、写真を引き伸ばしてマルコム・ローズホルトに、見るよう要請した[5]。 そして、彼は、そのとき上海南駅には約1800人が列車を待っていてそのほとんどが女子供だったこと、おそらく日本海軍がそれを軍事行動だと勘違いしたのであろうことを記述した。上海の新聞は、空襲の後生き残った人は300人に満たない、と報道した[11]

出版[編集]

王が撮影したフィルムはアメリカ海軍の船でマニラに送られ、そこからニューヨークにパンアメリカン航空の飛行機で送られた[11]。 1937年の9月中頃には、この映像が映画館で流され、約5000万人のアメリカ人と約3000万人のその他の国の人が見た[10]。そしてさらに、泣いている赤ん坊の写真が、2500万部新聞に印刷された[11]。1937年10月4日号の雑誌ライフによって1.36億もの人が、この写真を見ることになった[10][11]。ライフの報道では、見開きの次のページでは、同じ赤ん坊が担架に乗せられて救助されている写真(一番下の写真参照)が掲載されている[10]

反響[編集]

この“印象的な”[12]、写真はアメリカに日本に対する反感を与えるのに大きな影響を及ぼした。アメリカ人の多くは、中国人に同情した[13]。そして、この写真は多く複写され、中国の難民援助への寄付を集めることに利用された[14]。 この写真に触発され、アメリカ、イギリス、フランスが日本の中国市民への爆撃を非難した[11][15]。 アメリカの上院議員ジョージ・ノリスは、それまでの持論だった孤立主義、戦争不干渉方針を捨てることを決意し、「野蛮、恥知らず、残酷、このような言葉では言い尽くせないほど」と日本軍を非難した[16]

日本海軍軍人塩沢幸一は、パーティーの席上で「あなた方アメリカ人の記者は私を『赤ん坊殺し』だと呼んでいるようですね」とニューヨークタイムズの記者に語っている[17]。雑誌ライフの読者は、この写真を「この年の写真」十選に選んだ[18]。1944年のフランク・カプラの映画「バトルオブチャイナ」にこの映像が使われている。

捏造だという主張[編集]

1937年12月に雑誌ルックに掲載された別の写真

写真の反響は大きく、日本政府はこの写真を撮影したカメラマンである王小亭の身柄確保のため、50000ドルの報奨金をかけた[19]。 その一方で、王小亭の政治思想やエドガー・スノーとの交友関係から、多くの人は写真に懐疑的であった[19]。 1937年12月21日の雑誌ルックに掲載された王による別の写真(右図)には、赤ん坊に加えて前屈みの男性ともう一人の子供が写っている。 この男性はタグチという王のアシスタントであるという主張がなされており、効果的な写真を撮影するために赤ん坊を手配したものと推測されている[19]。 1937年に発行されたジャパンタイムズの記事には、赤ん坊だけの写真と男性と子供を含めた三名の写真に加え、子供だけが赤ん坊の位置に立っている写真が掲載された。写真への解説として、これらは人々の共感を促すために真実を曲げて写真の制作がなされた過程を明らかにするものである、と記されている。また、男性は写真撮影のために子供らに指示を出している救助隊員として触れられている[20]。 王小亭は、この男は赤ん坊の父であり、日本軍の飛行機が戻ってきているのにもかかわらず赤ん坊を助けるためにそばに来たのだ、と述べている[11]。 日本のプロパガンダ扇動者の目的は、「写真が捏造だ」ということによって、日中戦争中の日本軍が犯した残虐行為に対しての欧米や中国がソースの報道の信用を落とさせることである[21]。 1975年に、雑誌ライフはこの有名な写真について特集した。そのとき、「この写真は演出されたものだと言われ続けてきた。しかし、あらゆる角度から見てその話が根拠のない流言以上のものではないことは明らか」とキャプションに記された[21]

赤ん坊が担架に乗せられ、最初の救護を受けている場面。藤岡や東中野らはこの写真には言及していない[10]

1999年、民族主義団体自由主義史観研究会藤岡信勝は、「中国の写真のやらせ」という記事を発表、藤岡と東中野修道は「この写真は男が演出のために赤ん坊を駅の線路に置いているところであり、そうやって写真を撮ってアメリカ読者の反日感情を煽ろうとしたものだ」と主張した[7]。 彼らは王が写真をドラマチックにするために発煙筒をたいたと主張するが[21]、ローショルトは「王が駅に着いたとき駅にはまだ煙がたっていた」と書いている[5]。日本の民族主義者達は、決して「爆撃がなかった」とか「中国の市民が殺されなかった」と言っているわけではないが、「写真が捏造だ」と繰り返すことで写真以外の歴史上の事実にも懐疑的な印象を与えることを目的としている[21]。記事のなかで、藤岡や東中野は雑誌ライフに掲載された、この赤ん坊が泣き叫びながら担架の上でボーイスカウトの救護を受けている写真には触れていない[10][21]

王は、1938年の徐州会戦や6月の広州爆撃等、日本軍の中国侵攻について、多くの報道映像を撮った[22]。 彼はイギリスの保護のもと活動していたが、日本の民族主義者による脅威にさらされ、家族とともに上海を離れ香港に亡命した[11]

後世への影響[編集]

芸術家のアンディ・ウォーホルは1940年代の芸術学校時代、この写真をモチーフとした絵を描いた[23]。 ウォーホルの1960年代、災害を描いたシリーズでは、このフォーマットを用い、ニュース映画の映像をより見やすくアレンジを加えた[23]。 1977年には、ジャーナリストのローウェル・トマスが、この写真に対し、第二次世界大戦を象徴する最も有名な2つの写真(一つは1940年に自国の軍が撤退して泣き叫んでいるフランスの男の写真、もう一つが1945年にアメリカ軍が硫黄島に星条旗を掲げている写真)に匹敵するほどの影響力があった、と評した[24]

王は台北で1970年に隠居生活を経て、1981年の3月9日に糖尿病で死亡した[25]。2010年、アジアアメリカジャーナリスト協会は、王小亭を映像ジャーナリストの先駆けとして表彰した[26]。 2009年、芸術家でジャーナリストのマオ・チャンチュンがこの写真を白いカーテンに移し、だんだん薄くしていくことでこの写真の印象が発表当時からだんだん薄くなっていったことを表す芸術作品を発表した[27]。 2003年にアメリカで出版された本世界を変えた100の写真にこの写真が掲載された。 2006年にナショナルジオグラフィックが出した「映像で見る世界の歴史」にもこの写真が使われた[28]

参照[編集]

  1. ^ Van der Veen, Maurits (2003). Uriel's Legacy. Trafford Publishing. p. 262. ISBN 1-55395-462-9. http://books.google.com/books?id=Gz0h6n8yuOAC&pg=PA262. 
  2. ^ この駅は、2012年現在存在する上海南駅とは別の駅で、この空襲を含む戦乱によって使用中止となった。中国語版Wikipediaの上海南站 (1908–1937)も参照。
  3. ^ Doherty, Thomas (1999). Projections of war: Hollywood, American culture, and World War II (2 ed.). Columbia University Press. p. 105. ISBN 0-231-11635-7. http://books.google.com/books?id=mYP3wLofK2AC&pg=PA105. 
  4. ^ Tuchman, Barbara W. (1972). Stilwell and the American experience in China, 1911–45. Bantam Books. p. 214. ISBN 0-553-14579-7. 
  5. ^ a b c d Cameron, Mrs. Richard; Malcolm Rosholt (January 21, 1972). “Letters to the Editors: The Child”. Life (Time, Inc.) 72 (2): 27. ISSN 0024-3019. http://books.google.com/books?id=DkAEAAAAMBAJ&pg=PA27. 
  6. ^ Faber, John (1978). Great news photos and the stories behind them (2 ed.). Courier Dover Publications. pp. 74–75. ISBN 0-486-23667-6. http://books.google.com/books?id=DqwLVaPdDgoC&pg=PA74&dq=%22I+noticed+that+my+shoes+were+soaked+with+blood.%22&hl=en&ei=u3g1TdHRO4z2tgPv7OD9BQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCMQ6AEwAA#v=onepage&q=%22I%20noticed%20that%20my%20shoes%20were%20soaked%20with%20blood.%22&f=false. 
  7. ^ a b Manipulation of Documentary Photos in China: Fanning Flames of Hate in the USA”. Exploding the Myth:The Problem of Photographic "Evidence" (Photos from The Rape of Nanking). Association for Advancement of Unbiased View of History (1999年). 2011年1月18日閲覧。
  8. ^ a b “Cinema: Shanghai, Shambl”. Time (Time, Inc.). (September 13, 1937). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,770870,00.html. 
  9. ^ Camhi, Leslie. "Film: A Dragon Lady and a Quiet Cultural Warrior". The New York Times, January 11, 2004. Retrieved on July 3, 2011.
  10. ^ a b c d e f “The Camera Overseas: 136,000,000 People See This Picture of Shanghai's South Station”. Life (Time, Inc.) 3 (14): 102–103. (October 4, 1937). ISSN 0024-3019. http://books.google.com/books?id=wkQEAAAAMBAJ&pg=PA102. 
  11. ^ a b c d e f g h Faber, John (1960). Great moments in news photography: from the historical files of the National Press Photographers Association. T. Nelson. p. 74. 
  12. ^ Roth, Mitchel P. (1997). Historical dictionary of war journalism. Greenwood Publishing Group. p. 219. ISBN 0-313-29171-3. http://books.google.com/books?id=Og8-5_oqumYC&pg=PA219. 
  13. ^ Winchester, Simon (2008). Bomb, book and compass: Joseph Needham and the great secrets of China. Viking. p. 49. ISBN 0-670-91378-2. 
  14. ^ Klein, Christina (2003). Cold War orientalism: Asia in the middlebrow imagination, 1945–1961. University of California Press. p. 177. ISBN 0-520-22469-8. http://books.google.com/books?id=IttIURofT2kC&pg=PA177. 
  15. ^ Goldberg, Vicki (1991). The power of photography: how photographs changed our lives. Abbeville Press. p. 243. ISBN 1-55859-039-0. 
  16. ^ Paterson, Thomas G.; Clifford, John Garry; Hagan, Kenneth J. (1999). American Foreign Relations: A history since 1895. American Foreign Relations. 2 (5 ed.). Houghton Mifflin. p. 151. ISBN 0-395-93887-2. 
  17. ^ Dong, Stella (2001). Shanghai: The Rise and Fall of a Decadent City. HarperCollins. pp. 216–217. ISBN 0-06-093481-6. http://books.google.com/books?id=x5qkOkE2O_8C&pg=PA217. 
  18. ^ Dower, John W. (2010). Cultures of War: Pearl Harbor / Hiroshima / 9-11 / Iraq. W. W. Norton & Company. pp. 158–159. ISBN 0-393-06150-7. http://books.google.com/books?id=pck6h_K09b4C&pg=PA158. 
  19. ^ a b c French, Paul (2009). Through the looking glass: China's foreign journalists from opium wars to Mao. Hong Kong University Press. p. 192. ISBN 962-209-982-3. http://books.google.com/books?id=sM0O9oqGK8sC&pg=PA192. 
  20. ^ Low, Morris (2003). “The Japanese Colonial Eye: Science, Exploration, and Empire”. In Christopher Pinney, Nicolas Peterson. Photography's other histories. Duke University Press. pp. 117. ISBN 0-8223-3113-6. http://books.google.com/books?id=ZYPdHJaE6yMC&pg=PA117. 
  21. ^ a b c d e Morris-Suzuki, Tessa (2005). The past within us: media, memory, history. Nissan Institute-Routledge Japanese studies. Verso. pp. 72–75. ISBN 1-85984-513-4. http://books.google.com/books?id=8654wHjUfTEC&pg=PA74. 
  22. ^ Library Contents Listed Year-by-Year: 1938”. The 1930s: Prelude to War Video Library. UCLA Film and Television Archive. 2011年1月18日閲覧。
  23. ^ a b Smith, Patrick S. (1986). Andy Warhol's art and films. Studies in the fine arts. 54 (2 ed.). UMI Research Press. pp. 40, 125. ISBN 0-8357-1733-X. 
  24. ^ Thomas, Lowell (1977). So long until tomorrow: from Quaker Hill to Kathmandu. Morrow. pp. 83–86. ISBN 0-688-03236-2. 
  25. ^ “'Newsreel' Wang succumbs at 81”. Taiwan Today (Government Information Office, Republic of China (Taiwan)). (1981年5月1日). http://taiwantoday.tw/ct.asp?xitem=119988&ctnode=124&mp=9 2011年1月18日閲覧。 
  26. ^ Honor Roll List: Pioneers, past and present”. Asian American Journalists Association (2010年12月24日). 2011年1月18日閲覧。
  27. ^ Hung, Wu (2008). Making history: Wu Hung on contemporary art. Timezone 8 Limited. p. 142. ISBN 988-99617-0-9. http://books.google.com/books?id=yl7V385mgDEC&pg=PA142. 
  28. ^ Kagan, Neil (2006). National Geographic concise history of the world: an illustrated timeline. National Geographic Traveler. National Geographic Books. p. 325. ISBN 0-7922-8364-3. 

関連項目[編集]