蟻通勘吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

蟻通 勘吾(ありどおし かんご、天保10年(1839年)- 明治2年5月11日1869年6月20日))は、新選組隊士。

生涯[編集]

讃岐国高松出身。愛刀は播磨住昭重

文久3年(1863年)6月頃、新選組に入隊。元治元年(1864年6月5日池田屋事件の際には井上源三郎の六番隊に所属し、報奨金17を受け取っている。また、慶応2年(1866年9月12日に起きた三条制札事件の際には三番組に属し報償として金千疋を受け取り、慶応3年(1867年12月7日天満屋事件の際には原田左之助隊に属し斎藤一大石鍬次郎らと共に紀州藩公用人三浦休太郎らの護衛にあたった。慶応3年(1867年)の幕臣御取立ての儀に際して平士として見廻組並御雇の格を受ける。

戊辰戦争では会津戦争が緒戦、慶応4年閏(1868年)5月1日、白河口の戦いにおいて重傷を負うも、土方歳三に従い蝦夷へ渡航。明治2年(1869年)、箱館戦争中の5月11日、箱館山の上で戦死した。遺体は函館の大円寺に埋葬されたとされる。

新選組草創期から隊に所属した古参隊士でありながら、終始平隊士の地位であった。