蟹江嘉信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蟹江 嘉信(かにえ よしのぶ、1929年9月17日 - 2012年1月20日)は、日本経済人経営者

愛知県生まれ。カゴメ株式会社創業者蟹江一太郎の孫[1]で、同社代表取締役社長、日本缶詰協会会長を歴任。カゴメ不動産株式会社代表取締役社長の蟹江信孝は長男[2]

東海中学校・高等学校卒業。1952年(昭和27年)、立命館大学経済学部卒業。

略歴[編集]

  • 1929年(昭和4年) 愛知県に生まれる。
  • 1952年(昭和27年) 愛知トマト製造株式会社(現・カゴメ株式会社)入社
  • 1991年(平成3年) 5代目社長に就任
  • 1996年(平成8年) 同社相談役
  • 1999年(平成11年) 旭日小綬章(勲四等)を受章
  • 2006年(平成18年) 財団法人浄土宗報恩明照会評議員
  • 2012年1月20日、間質性肺炎のため愛知県東海市の病院で死去[3]。82歳没。

人物[編集]

1991年(平成3年)、第5代カゴメ株式会社社長就任と同時に同社を「農業食品メーカー」と規定。「収益力中心経営」をカゴメの経営課題に据え、当時2,000品目以上あった商品を1,000程度に絞り込むなど収益力重視の経営姿勢を貫いた。1996年(平成8年)には社長の座を伊藤正嗣に譲り、自らは相談役に退いて、5代続いた創業家社長の歴史に終止符を打った[4]

学生時代は、フレデリック・テイラーの「テーラーシステム」や「フォードシステム(フォーディズム)」を研究。立命館大学経営研究会の創設にも関わった[5]

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「出会い=一太郎翁 とまと記念館館長の蟹江嘉信さん」中部経済新聞
  2. ^ [1]
  3. ^ 蟹江嘉信氏死去(元カゴメ社長) 時事通信 2012年1月24日閲覧
  4. ^ 神戸大学大学院MBAプログラム(専門職大学院過程)ワーキングペーパー「Brand remodeling - 再び輝き始めたブランド -(2003年5号)
  5. ^ 経営学振興事業だよりACROSS 第19号 『「かごめ」蟹江嘉信元社長に聞く‐立命・経営研究会での研究が役立った‐』(2007年11月)