螺旋 (ヴァンゲリスのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
螺旋
Spiral
ヴァンゲリススタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
シンセサイザー音楽
時間
レーベル RCAレコード(US=発売時)
プロデュース ヴァンゲリス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 38位(オランダ[1]
  • ヴァンゲリス アルバム 年表
    反射率0.39
    (1976)
    螺旋
    (1977)
    霊感の舘
    (1978)
    テンプレートを表示

    螺旋』(らせん、SPIRAL)は、ヴァンゲリスのアルバム。

    収録曲[編集]

    1. 螺旋 - Spiral (6:56)
    2. バラッド - Ballad (8:25)
    3. 托鉢僧D - Dervish D (5:13)
    4. 見知らぬ男 - To The Unknown Man (9:03)
    5. 3+3 (9:35)

    概要[編集]

    RCAレコードで『反射率0.39』に続いてリリースした3作目のアルバム。ジャケットはオーディオ用のプラグが先頭に装備されたカール型のコードが、青空を螺旋状に進んでいくというもので、ヴァンゲリス自らがデザインした[2]
    ジャケット下部に掲げられた"Going on means going far Going far means returning (TAO TE-CHING )"という言葉は、古代中国の思想家・老子の著作とされる『老子道徳経』(TAO TE-CHIN)第25章の第5節「大曰逝、逝曰遠、遠曰反」の英訳である。書き下し文は「大なれば曰(ここ)に逝(ゆ)く、逝けば曰に遠く、遠ければ曰に反(かえ)る」。現代語に訳すと「広がり行けば遠ざかり、遠ざかれば回帰する」といった意味。
    なお、日本盤ではTo The Unknown Man に「見知らぬ男」との邦題が付けられているが、これは誤訳。「名も無き者へ」とすべきである。

    シングル[編集]

    本アルバムの発売に合わせて、次のシングルレコードが欧米で発売された。ただし、欧州盤と米国盤とでは、収録曲目は同じであるが内容が異なる。以下は欧州盤の内容。

    • 『To The Unknown Man』
    A面: To The Unknown Man
    B面: To The Unknown Man (Part Two)
    ※ このEP盤については米国盤ではアルバムの4.を分割してA・B両面に収録しているが、欧州盤ではA面は同じくアルバムの4.の抜粋であるものの、B面はアルバム未収録の曲が収録されている。この欧州盤のB面のPart Twoは、その後のヴァンゲリスのいかなるアルバムにも収録されておらず、事実上「幻の曲」となっている。

    [編集]

    ドイツ語[編集]

    アルバムの4.の序盤から中盤にかけて(6:02辺りまで)の部分の旋律は、ミルバによって歌(ドイツ語)として次のアルバムに含まれリリースされている。

    • 『女心/ヴァンゲリスを歌う Ich hab' keine Angst』 (ドイツ盤1981年、日本盤1986年)
    1. 眠れない理由(わけ) - Ich hab' keine Angst (To The Unknown Man) (4:14) ※ 作詞: Thomas Woitkewitsch
    • 日本語曲名及び収録時間は日本国内盤LP(K28P 337)による。ただし、曲順はCD上のもの。

    日本語[編集]

    アルバムの4.の序盤から中盤にかけて(6:02辺りまで)の部分の旋律は、みなみらんぼうによって歌(日本語)として次のアルバムに含まれリリースされている。

    • 『ランブリング ランボウ Rambling Rainbow』 (1982年)
    A面5. 見知らぬ男 (5:42) ※ 作詞: みなみらんぼう、編曲: 若草恵
    • 日本語曲名及び収録時間は日本国内盤LP(RHL-8803)による。他にカセットでも発売された(RHT-8803)。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ dutchcharts.nl - Vangelis - Spiral
    2. ^ 本アルバム日本国内盤のライナーノーツより。